国道455号
岩手県盛岡市〜岩手県下閉伊郡岩泉町
104.4q

  岩手県の県都盛岡と三陸を結ぶ国道のひとつで、R106の北側を走ります。R106が山林ばかりなのに対し、高原や湖など車窓い変化があります。盛岡市と岩泉町だけを走ります。

岩泉町小本のR45交点は太平洋のすぐそばで、ここから西に向かって盛岡を目指します。暫くの間は田園地帯で、その後は山林地帯となります。岩手r7交点付近から岩泉市街地で住宅や商店が密集し信号も多くなります。
その後は再び山道となり、R340と10Kmほど重複しますが、この区間は集落や田園が多くあります。左に入ってR340から分かれると山道となり、さらに急カーブと急勾配が続き上りきると早坂峠となって、ここから盛岡市に入ります。早坂峠は現在トンネル堀削中です。
峠の先は高原地帯で、岩洞湖ダムが見えると右手の林越しに岩洞湖が見えます。この先も暫くは外山高原と呼ばれる高原地帯で、高原からの坂を下り終わると市街地が始まり、三ツ割付近からは一部区間4車線となります。
R4交点の少し手前から2車線となり、JR山田線を踏切で渡り、R4の高架を潜り盛岡市街地に入ります。盛岡市街地は交通量が多く、やがて岩手県庁が右手に見えてきて終わります。
正式には盛岡が起点、岩泉が終点で、4車線区間以外は全て2車線です。 (Aug.2005)
国道一覧にもどる
完走国道クイックリンクにもどる


Last modified -