国道449号
沖縄県国頭郡本部町〜沖縄県名護市
20.3q

  名護市郊外のR58交点から、美ら海水族館などがある海洋博公園に向かうルートの一部を成す国道で、那覇方面から海洋博公園にいく場合はこの国道を通ります。距離は短いですが4車線区間も長く、整備が進んでいます。

国道449号線は、美ら海水族館などがある海洋博公園に向かうr114とR505の交点が起点となり、ここから本部半島の南側を進んで名護市のR58交点まで、距離にして20kmあまりの短い国道です。
起点から4車線で始まり少しすると海沿いを走るようになります。r82交点まで4車線が続き、r82交点で右折してすぐに本部大橋を渡ります。
本部大橋の下は渡久地港で、その先は本部の市街地を新道で抜けます。ここから瀬底島に渡る瀬底大橋の辺りまでが本部の市街地で、瀬底大橋の交差点から先は2車線の普通の道が続きます。
その後は再び4車線になり、海に沿って進みますが、採石場があったり、リゾートホテルがあったりと雰囲気はいろいろです。
r72交点を過ぎるとBPと現道の2本に分かれます。現道は右に曲り海に近い住宅地の間を抜ける2車線となって、名護市郊外でR58に至り終点となります。BPの方は現道の少し北側を4車線で走り、沿道にロードサイド店が多くなるとR58との交点で終点となります。
那覇、名護市街方面からの海洋博公園へのアクセス路になっていて、交通量は少なくありません。またR505、r71とともに本部半島循環線を構成します。(Nov.2008)
国道一覧にもどる
完走国道クイックリンクにもどる


Last modified -