国道431号
島根県出雲市〜島根県松江市〜鳥取県境港市〜鳥取県米子市
93.5q

  島根県出雲市を起点とし、出雲大社の門前を経て、宍道湖の北岸を走り、松江市街の中心部を抜け、さらに中海の北側から美保湾に沿い、米子の市街地を回るように進んでR9に至る国道です。門前町、県庁所在地、農村部、宍道湖や中海など景色は変化に富んでいます。

起点となるのは出雲市のR9との交点、大島交差点で、暫くは農村部を2車線で出雲大社に向かって進みます。r29交点で右に逸れますが、実際はr29の方がそのまま出雲大社や日御碕方面へのメインルートで、R431と一体化しています。
さて右に逸れたR431の方は、ここから1.5qほどは住宅密集地の中を1〜1.5車線で進みます。特に出雲大社付近は狭い道が入り組んでおり、迷いやすく要注意です。出雲大社に突き当たると右折して2車線に戻り、門前街の雰囲気の中を進んで大鳥居前を通ります。
その後は再び農村地帯を経て、やがて旧平田市の市街地に入り、一畑電車の雲州平田駅前を通過します。市街地を外れると田園が続き、少しすると右手に宍道湖が広がります。宍道湖の北側を湖に沿って進みます。右手に宍道湖、左側には一畑電車が並行し、線路の向こうには田畑と集落があります。
そのまま松江の市街地に入り、宍道湖大橋で左折し松江の中心部を右左折しながら進みます。松江市街には1.5車線の狭い区間も存在します。松江市街地を抜けると農村部の快走路が続き、今度は右手に中海が広がります。
新森山トンネルを抜けると中海と美保湾を結ぶ境水道に沿い、R485交点の先で境水道大橋を渡って鳥取県に入ります。ここから終点までは4車線となります。すぐに美保湾に沿って進むようになり、左手には防砂林が続きます。
暫くすると海から離れて少し内陸に入ります。同時に沿道にはロードサイド店が並ぶようになります。米子の郊外でR9現道を越え、さらにJR山陰線を陸橋で渡り越しすとR9BP交点終点となります。終点は同時に米子自動車道の米子ICでもあります。 (Aug.2010)
国道一覧にもどる
完走国道クイックリンクにもどる


Last modified -