国道430号
岡山県倉敷市〜岡山県玉野市
39.8q

  岡山県倉敷市と玉野市を結ぶ40q足らずの短い国道で、通過する自治体も起終点の2市だけです。しかし瀬戸内海に沿う古くからの街中や、工業地帯など景色は変化にとんでいます。

いろいろ調べてみましたが、この国道の起点は不明でした。一説には倉敷市中島のR2交点、もうひとつの説は倉敷市の高梁川に架かる霞橋の東側のR429交点のどちらからしく、前者とすればしばらくはR429との重複となります。
どうちらにせよR430単独区間は、高梁川の霞橋東詰のR429交点からはじまります。しばらくは4車線で高梁川に沿って進みます。やがて東に向きを変えるとJFEや三菱自動車の工場の間を走り、さらに進むとロードサイド店が並んでいます。
r62交点で南に向きを変え、瀬戸中央自動車道を潜り、さらにJR瀬戸大橋線を潜った先のr21交点で北に向きを変えます。左側に瀬戸大橋線の高架が並行し、児島駅があります。
その先で2車線になり、瀬戸内海に沿って進みます。唐琴の市街地は住宅が密集しており、1.5車線幅に狭まります。その先で玉野市に入り海際を進み、玉野温泉付近から海と分かれます。
暫く山間部のような雰囲気が続き、日比の住宅地を抜け、トンネルをいくつか潜ると玉野の市街地です。さらに玉野トンネルを抜けると、かつて宇高連絡船で栄えた宇野駅近くでR30と合流して終点となります。 (Aug.2010)
国道一覧にもどる
完走国道クイックリンクにもどる


Last modified -