国道413号
山梨県富士吉田市〜神奈川県津久井郡津久井町〜神奈川県相模原市
71.7q

  富士吉田が起点で、山中湖畔を半周したあと山伏峠を越えて神奈川県境までは山林が続き、旧津久井町の中心部からは交通量も増えて市街地を進み、終点となります。

相模原のR16との交点はT字交差でR16の陸橋の下にあります。この交点は信号がありませんが、交通量はそれなりにあり、見ていると譲り合って流れています。
相模原市街地を暫く進みますが、沿道は工場やマンション、住宅、店舗などが並び、交通量も多く、路線バスも頻繁に走っています。城山町に入っても同じような状態が続きますが、やがて城山ダム堰堤を走り、右手には城山ダムで堰き止められた津久井湖が広がります。
津久井町に入って津久井湖の近くを西進しますが、この辺りも沿道は建物だらけで、津久井市街の三ヶ木交差点でR412とぶつかります。相模原からここまでは平成5年に県道から昇格した区間です。

三ヶ木で左折して約1KmほどR412と重複した後、右折して単独区間に戻りますが、交通量は少なく信号もないので快適に走れます。農村の風景となり雑木林も多く、暫くするとセンターラインがなくなり、1.5車線の曲がりくねった道路となり、見通しも悪くなります。
神奈川と山梨の県境までこの状態が続きます。山梨県に入るとセンターラインが復活します。山間のカーブの多い道路ではありますが、交通量も少なく走りにくくはありません。道志川に沿っていてキャンプ場が多くあります。
やがて道志村の中心を貫き、山伏峠をトンネルで越えると山中湖村に入り、前方に富士山が現れます。暫くは山林が続きますが、やがて畑が多くなり、別荘や保養所も多くなってきます。平野付近は人家も多くあります。
平野の先で湖畔に出て山中湖を南回りで半周し、湖畔の旭日丘交差点でR138と合流し、富士吉田まで重複します。山中湖〜富士吉田間は樹林の中を直線で貫き、いい雰囲気ですが富士吉田市街に入ると流れが悪くなります。(Dec.2000)


国道一覧にもどる
完走国道クイックリンクにもどる


Last modified -