国道412号
神奈川県平塚市〜神奈川県厚木市〜神奈川県津久井郡相模湖町
48.6q

  神奈川県内完結国道で、起点から厚木まではR129と重複し、その後は新興住宅地や雑木林の間を通り、津久井湖や相模湖畔を通り、R20と重複して終点となります。

起点の平塚から厚木まではR129と重複します。厚木市街地の北部でR129から分岐しますが、現道とBPがあります。最初に分岐するのはBPの方で市立病院前の交差点で左折し、4車線で最初のうちは市街地を走り、小鮎川を渡ると田畑の中を進みます。
一方現道の方は妻田向市場の交差点で分岐し、市街地の中を2車線で走ります。神奈川r63交点を過ぎたあたりから畑が目立ち始め、その先でBPと合流します。
現道とBPは合流しても暫くは4車線で、右手は新興住宅地、左手には田畑が多く残ります。やがて2車線となり畑や雑木林が多くなってきます。

愛川から津久井にかけては雑木林と住宅が混在し、ダム湖の宮ヶ瀬湖の近くも通ります。R413との重複となり津久井町の中心の三ヶ木となります。さすがに住宅や小店舗が多く、その中でR413と分かれます。
すぐに道志橋で道志川を渡りますが、すぐ東側には津久井湖が広がります。道志川を渡ると山林となりますが、それも長くは続かず、やがて相模湖畔に出ます。
相模湖を渡り相模湖公園の脇を抜けて坂を上ると相模湖駅前で、ここで左折してR20と重複し3qほど相模湖を左手に見ながら走った中央道相模湖ICが終点となります。(Sep.2004)


国道一覧にもどる
完走国道クイックリンクにもどる


Last modified -