国道402号
新潟県柏崎市〜新潟県出雲崎町〜新潟県新潟市
89.0q

  新潟県柏崎市と県都新潟市を日本海沿いに結ぶ国道で、ほとんどの区間が海に沿っています。柏崎から出雲崎まではR352と重複しています。

柏崎の起点はR8交点で、R352との重複でスタートします。柏崎の市街地を右左折して抜けて郊外に出て日本海に沿って進み、柏崎刈羽原発のところで大きく内陸に回り込み、原発に沿って走ったあと、西山〜出雲崎とずっと日本海に沿って進みます。
出雲崎では市街地を抜け、その先では海産物店が両脇に軒を連ねていて、その中でR352と分かれます。R352との分岐点の近くに良寛堂があり、その先は再び海に沿って進み、海水浴場も見られます。
寺泊では海産物店街があって、その先は寺泊市街に続きます。寺泊市街の先で大河津分水路を渡り、渡ったところで左折し、越後七浦の海岸に沿って進み、海水浴場も多くあります。
旧巻町付近から地形も険しくなってトンネルも多くなり、一旦内陸に入り山林の中を進んで角海、五ヶ浜と2つの長めのトンネルを抜けたあとで、また日本海に沿うようになます。この付近は奇岩が多く、やがて角田岬となります。
一旦海から離れ、その先でまた海に沿いますが、それまでとは雰囲気が違って防砂林が続き、畑が多くなります。新川を渡り住宅密集地をセンターラインのない少し狭い道幅で抜けて行きます。この辺りは日本海沿いにBPが出来ています。
関屋分水路を渡り2車線に戻って市街地を少し走った信濃町交差点でR116に合流して終点となります。(May.2006)
国道一覧にもどる
完走国道クイックリンクにもどる


Last modified -