国道395号
岩手県久慈市〜岩手県九戸郡軽米町〜岩手県二戸市
58.6q

  太平洋岸の岩手県久慈市とJR東北線沿い岩手県二戸市を東西に結ぶ、岩手県内だけを走る東西横断国道で、沿道は山林や農村部が大部分です。

久慈の起点はR45交点で、暫くの間は旧R45です。R45が久慈道路のみとなり、街中を行く旧道がR395となりました。約6qほど市街地を走り、市街地のはずれで再びR45と交差し西に向かいます。
すぐに山林の中を進むようになり、大野村を抜けて標高300mほどの赤石峠を越えて軽米に入ります。山林や農村地帯を進みR340と重複します。R340との重複が始まるところに東北道軽米ICがあります。
R340との重複区間は約8.5qほど続き、R340が左折で分かれた後、標高430mの猿越峠を超えます。猿越峠を越えると二戸で、急な下り勾配で峠を下ります。
下り終わると畑や果樹園が多くなり、そんな中を4qほど走ったR4交点が終点となります。終点付近には金田一温泉があります。
全線2車線ですが、R340重複区間や久慈〜大野にかけては山間部の中で、カーブが続きます。(Aug.2002)
国道一覧にもどる
完走国道クイックリンクにもどる


Last modified -