国道374号
岡山県備前市〜岡山県美作市〜岡山県津山市
57.6q

  岡山県内だけを走る比較的短距離の国道で、全線2車線確保され走りやすく、陰陽連絡道の一角を構成します。起点付近は備前焼の産地で、その後は吉井川やその支流の吉野川に沿って進み、美作〜津山間の13.5kmほどはR179と重複します。

起点は備前市のR2交点伊部東交差点で、この付近は日本六古窯のひとつ備前焼で有名です。窯元や陶器店が並びますが、すぐに田園地帯に入り、さらに山林の中を進んで傍示ヶ峠を越え、峠を下りきると山陽道和気ICがあります。
その先しばらくはロードサイド店が多くなり、陸橋でJR山陽線を乗り越えると、今度は吉井川に沿って進みます。左側には吉井川の流れ、右側は山林や田園が続きます。岡山r90交点の先で吉井川を備作大橋で渡りますが、5qほど走ると周匝橋で再び吉井川を渡ります。そこからは吉井川の支流の吉野川に沿って進みます。
美作市に入った入田交差点からはR179と重複し、JR姫新線と並行して終点の津山に至ります。終点は中国道津山IC近くのR53交点で、津山市街地には距離がありますがロードサイド店が立ち並びます。全線2車線あり、単独区間は交通量はそこそこありますが流れはよく、快適に走行できます。 (Aug.2010)

国道一覧にもどる
完走国道クイックリンクにもどる


Last modified -