国道357号
千葉県千葉市〜千葉県浦安市〜東京都港区…東京都大田区…神奈川県川崎市…神奈川県横浜市…神奈川県横須賀市
48.3q+8.7q+2.0q+2.0q+9.0q(不通区間・未共用区間あり)

  法令上は千葉市と横須賀市を東京・横浜を経由して結ぶ国道です。現在は千葉〜東京臨海副都心、大井埠頭〜羽田空港、川崎東扇島、横浜磯子〜横浜八景島の4区間が開通しています。
臨海副都心〜大井埠頭は東京湾で不通区間、羽田空港〜東扇島・東扇島〜磯子・八景島〜横須賀は未供用区間です。

千葉〜臨海副都心間は平日は大型車が多く、休日はディズニーランドや葛西臨海公園、お台場などがあるため観光の車が多くなります。
千葉市最南部のR16交点が起点で、暫く京葉工業地帯や千葉港に沿って走った後R14と重複します。東関道が近づいてくるとR14から分かれて単独区間に戻りますが、ここから先の区間は、高速湾岸線〜東関東自動車道を挟んで上下分離されています。全線4車線ありますが船橋市内は常時渋滞気味、市川〜臨海副都心間は大部分で快走できます。

大井埠頭地区や東扇島地区も平日は大型が多いですが、反面で休日はすいています。ここも高速湾岸線を挟んでの上下分離区間です。
横浜地区は大部分が4車線ですが、磯子付近、八景島付近が2車線です。ここも、4車線区間は高速湾岸線を挟んで上下分離です。八景島付近は普通の2車線国道の雰囲気です。(Feb.2001)
その後、横浜市内のベイブリッジ区間2.0qが開通しています。


国道一覧にもどる
完走国道クイックリンクにもどる


Last modified -