国道348号
山形県長井市〜山形県南陽市〜山形県山形市
45.3q

  長井と山形の間45Kmほどの比較的距離の短い国道で、起点から約17KmはR287と重複していて、単独区間は約28Kmしかない。短いながら農村部、山間部、山形市内の混雑区間と変化のある国道。

長井と山形の間45Kmほどの比較的距離の短い国道で、長井側の約17KmはR287と重複していますから、単独区間は約28Kmしかありません。

起点の長井から北隣の白鷹まではR287との重複区間で、最上川と並行に進みます。長井市街地は交通量が多いほかは、BP区間もあり快走できる2車線が続きます。 白鷹で最上川と共に北上するR297と分かれ、山間部にかかります。
南陽市との境は白鷹トンネルで抜け、南陽市の最北部の山林地帯を進み、上山との間の小滝峠もトンネルで抜けます。いずれのトンネルも比較的新しく、道路幅員をたっぷり取った改良区間となっています。
上山から山形に入り郊外を2車線で走った後、4車線の市街地道路となります。市街地の外れでR13と交わり終点となります。
長井から白鷹の重複区間は新旧混在(旧といっても2車線で走行問題なし)、白鷹から山形郊外の2車線区間は改良快走(交通量少なし)、山形市内は多車線混雑(信号の連携悪し)という感じでしょうか。(Apr.2002)


国道一覧にもどる
完走国道クイックリンクにもどる


Last modified -