国道337号
北海道千歳市〜北海道夕張郡長沼町〜北海道石狩市〜北海道小樽市
92.4q

  千歳から小樽まで、長沼・南幌・江別・当別・石狩などを経由して結びますが、右左折や重複区間が多い国道です。

千歳のR36交点が起点で、暫く千歳市街を縦断しますが、千歳駅近くで右左折があります。千歳市街を抜けると北海道らしい真っ直ぐな区間が多い平坦な中の農業地帯を走りますが、やたらに右左折があります。
長沼町と南幌町では小さいながらも市街地を抜けます。道央道江別東ICを過ぎるとR12と3qほど重複しますが、この重複区間は4車線です。

江別市街地の外れで右折してR12と分かれて単独になり石狩川の南側を走りますが、約3Kmほど走っただけで今度は右折してR275と重複します。すぐに石狩川を新石狩大橋で渡り当別町に入り農村部を進んだ後、当別市街地でR275と分かれます。
当別市街を抜けると再び農業地帯となり約16qほど単独区間を走り、石狩湾に近くでR231とぶつかると左折して今度はR231と8qほど重複します。この間に石狩川を渡り、川を渡ると4車線となります。
工場地帯となり花畔で右折して単独区間に戻り15qほど走った小樽R5交点が終点です。(Aug.2001)


国道一覧にもどる
完走国道クイックリンクにもどる


Last modified -