国道301号
静岡県浜松市〜静岡県湖西市〜愛知県新城市〜愛知県豊田市
99.2q

  浜松から浜名湖の南〜西を廻り、東名高速と絡み合うように宇利峠を越え、新城市街を経て豊田に至る約100kmほどの国道で、一部に狭隘区間が残ります。

起点の浜松市西部の遠州灘に近い篠原交差点から、浜名湖を渡り新居町までの約9.3KmはR1と重複します。新居町で単独になってからは暫く2車線で市街地を走りますが、少し幅員が狭く直角カーブがあったりして走りやすくはありません。
湖西市の中心鷲津駅前を過ぎ、JR東海道線の陸橋を跨ぐとBPとの分岐があります。BPは湖西市街を避けて静岡r3に達し、終点方向から来た場合に市街地を避けて走れます。
BPとの交点付近からは浜名湖に近い長閑な地帯が続き、静岡r4交点付近からは暫く湖岸を走ります。猪鼻瀬戸のところで湖西市から三ケ日町に入り浜名湖北西に当たる猪鼻湖岸に沿って進みます。
猪鼻湖が終わるところが三ケ日の市街地で、市街地の中を抜けると県境の宇利峠に向かいます。周囲は田園や雑木林などになり、右側近くには東名高速が走っています。

東名高速が近づいてくるとセンターラインがなくなり、東名高速の上を跨ぎ宇利峠を越えます。東名の宇利トンネル真上になります。峠を越えると愛知県となりセンターラインが復活し、山林の中を下った後は農業地帯を走ります。
豊川を渡ると新城市街で、市街地を少し走った後は再び長閑な景色になります。やがて上り勾配になり、ヘアピンカーブもある山道となって作手に入ります。
作手の小さい市街地を抜けますが、そのほかは農村地帯や山林で交通量が少なく快走できます。田原交差点で左折し、左折後はセンターラインが消えて山林の中の1〜1.5車線となります。
下山村に入ったR473交点からは2車線に戻りますが、景色の方は相変わらず山林の中です。豊田に入って暫く走った愛知r39交点付近からやっと開けてきて、段々と住宅が増えてきて矢作川近くからは4車線となり、矢作川を渡ったR153交点が終点です。 (Feb.2001)


国道一覧にもどる
完走国道クイックリンクにもどる


Last modified -