国道300号
山梨県富士吉田市〜山梨県西八代郡上九一色村〜山梨県南巨摩郡身延町
48.2q

  山梨県内だけを走る距離の短い国道ですが、そのうち約22kmがR139との重複区間なので、実質は約26kmしかありません。富士五湖の一つの本栖湖の沿ったあと、山間部を進みます。

起点の富士吉田から上九一色村までの約22qはR139との重複区間で主に富士の樹海の中を走ります。 上九一色村の本栖交差点で右折して単独区間になりますが、その名の通り交差点は本栖湖のすぐ南側にあって、単独区間になると本栖湖畔を走ります。

本栖湖を1/3周したのち、下部町に入り、新しい中之倉トンネル抜けると、山間部で急勾配急カーブが連続します。本栖湖方面へが上り、本栖湖からが下りになり、エンジンブレーキ使用、対向車注意の表示や標識が多くありますが、車自体は多くはありません。
下部もカーブの多い山間部ですが、場所によってはBPに付け替えてあり、新しいトンネルもあります。下部の中心の常葉地区を抜け、下部温泉郷の入口を過ぎ、富士川を狭い富山橋で渡ったところでR52に突き当たり終点とまります。(Dec.2000)


国道一覧にもどる
完走国道クイックリンクにもどる


Last modified -