国道296号
千葉県八日市場市〜千葉県成田市〜千葉県船橋市
59.0q

  八日市場〜成田間は田舎道、成田〜船橋間は都市型国道とはっきり分かれる。八千代市新木戸は千葉県内有数の渋滞ポイント。

終点の船橋やその手前の八千代では渋滞道路として悪評が高いR296ですが、起点の八日市場から暫くは長閑な中を快走できる国道です。
八日市場のR126交点から芝山付近までは丘陵地の農村地帯を2車線で走り、交通量もあまり多くなく流れも比較的良い状態が続きます。芝山では成田空港の近くを通り、ゴルフ場なども多くなります。
富里に入ったあたりから交通量が増えてきて、場所や時間によってはかなり混雑します。沿道もロードサイド店などが並んで賑やかになりますが、東関道を越えた付近からは再び雑木林や畑が多くなります。

酒々井の市街地の外れでR51と交差しますが、この先で現道とBPに分かれます。現道は佐倉市街の真ん中を進む狭い2車線で、交通量も多い上に右左折があるので混んでいます。
BPの方は市街地の南側を広い2車線で走り、千葉r65BPと連絡してR296現道に佐倉市街地の西側で戻れますが、こちらも市街地を避ける車で結構混んでいます。
佐倉市街地を抜けると印旛沼の南側の農業地帯ですが、開発が進み住宅があちこちに建っています。佐倉市臼井で直角に曲がり、京成線の踏切を渡り市街地を狭い2車線で抜けて左折します。
ここから終点まではずっと市街地を走り、信号、ロードサイド店、踏切、路線バス、右折者(原則右折車線なし)と渋滞の諸条件が完備しています。交通量も多くて、特に八千代市新木戸交差点は何の変哲もない三叉路ですが渋滞情報の常連です。 (Nov.2000)


国道一覧にもどる
完走国道クイックリンクにもどる


Last modified -