国道284号
岩手県陸前高田市〜宮城県気仙沼市〜岩手県一関市
71.9q

  岩手県陸前高田からR45と重複して宮城県境を越えて気仙沼に入り、そこから単独区間になって西に向かい、再び岩手県に入って一関を目指します。

起点の陸前高田から気仙沼までの約20qはR45との重複区間です。この区間は唐桑半島の付け根を越える山道です。R45は気仙沼ではBP化され、郊外をトンネルで抜けています。そのBP区間の途中でR45と分かれて、単独区間に入り西に向かいます。
単独になっても改良された区間もあったりして、走りやすい道路になっています。山林の多い中を進み県境を越えて岩手県に戻ります

岩手県内の室根村から一関市までもほとんどの区間で快走できます。室根は普通の2車線、千厩は広い2車線、川崎は狭めの2車線で、一関は最初2車線で市街地が近づくと4車線なります。ほとんどの区間が山林か田園地帯で、千厩町の中心地が小さいながらも市街化されているくらいです。
終点の一関ではR4交点を前に駅前によったり、狭い橋を渡ったりと少し迷走気味です。(Jul.2001)


国道一覧にもどる
完走国道クイックリンクにもどる


Last modified -