国道280号
青森県青森市〜青森県今別町〜北海道北斗市〜北海道函館市
67.7q+73.2q(海上区間あり)

  青森市から始まり津軽半島の東側を北上して外ヶ浜町三厩港に至り、北海道に渡って白神岬から津軽海峡に沿って函館市までがR280の区間です。青森県側は単独区間ですが、北海道側は全線R228と重複していてR280を示すものは一切ありません。

青森市のR7交点が実質的な起点ですが、BPと現道があります。BPは郊外の田園地帯の快走路ですが、トレースするためには現道しか使えません。R7交点から暫くは市街地を進み、直角カーブやクランクもあります。沿道には旧街道らしく民家が並んでいて、西側にはJR津軽線が並走しています。津軽線の駅間隔も短く、沿道の民家は途切れません。
蓬田村に入り暫くすると右手に青森湾が開け、遠くに下北半島も見えます。外ヶ浜町に入り、その中心部である蟹田の市街地を抜けると青森湾に沿って走るようになり、小さな集落が所々にあってその中を抜けて行きます。集落はほとんどが漁村で、右手近くは漁港になっています。
比較的大きな平館の集落を抜けて行くと、右手は平舘海峡で海峡を挟んで大きく西にせり出した下北半島がよく見えます。津軽海峡に沿って進んで高野崎を経て暫くすると、ようやく海から離れて内陸に入り、山林や田園の中を進むようになります。今別の中心部は郊外のBPで迂回し、その後は三厩の集落があり旧三厩港のところが青森県側の終点です。
青森県側はセンターラインのない区間もありますが、大半は2車線の走り易い道路となっています。R280はここから津軽海峡を渡って北海道に上陸しR228と重複して函館まで行きますが、北海道側は全線R228との重複区間です。また青森側ではそのままR339と繋がっていて、直進すれば竜飛岬や有名な階段国道に至ります。 (Aug.2006)
国道一覧にもどる
完走国道クイックリンクにもどる


Last modified -