国道234号
北海道岩見沢市〜北海道勇払郡追分町〜北海道苫小牧市
66.8q

  岩見沢のR12と苫小牧のR36をJR室蘭本線に沿って結ぶ国道で、由仁までは由仁国道、由仁からは早来国道と呼ばれます。ほとんどの区間が平坦な農村部で快走できます。

岩見沢市街でR12から分かれると、すぐに道央道岩見沢ICがあります。この付近まではロードサイド店をはじめ建物も多くありますが、道央道を潜ると田園の中となり栗沢町に入ります。
栗沢に入って少しすると、それまでの4車線が2車線となり、その先で栗沢の駅や役場などがある中心地を通りますが、市街は小さくすぐに郊外となり栗山町になります。
栗山では市街地を迂回する形で路線が引かれ、由仁駅近くまで室蘭本線から少し離れて進みます。 由仁町に入ると由仁駅近くで室蘭本線と完全に並行し、どちらも真っ直ぐ進みます。平坦な区間で道幅は広く、周りにはほとんど何もないので快走できます。

R274交点で由仁国道から早来国道と名前が変わり、起伏が出てきますが相変わらず道路は真っ直ぐです。道東道追分町ICを過ぎると追分市街ですが、ここも郊外を迂回して走ります。
何もない中を暫く走ると、やがて早来の市街地となります。ここはこの国道で唯一と言ってもいい街中の区間です。早来市街を抜けると室蘭本線と再び完全に並行して進み苫小牧となります。
苫小牧では工場地帯のすぐそばを走り、また太平洋岸の大工業地の煙突や工場群も見えてきます。この付近から4車線になって沼ノ端ICで日高自動車道と交差し、その先で右折してJR室蘭本線を跨線橋で越えるとR36との交点で、苫小牧郊外のここが終点です。 (Aug.2001)


国道一覧にもどる
完走国道クイックリンクにもどる


Last modified -