国道194号
高知県高知市〜高知県いの町〜愛媛県西条市
88.9q

  高知市と愛媛県西条市を結ぶ路線で、起点からいの町まではR33との重複区間です。単独区間はほぼ全線が快適なドライブルートで、県境の5.5kmある寒風山トンネルは四国最長です。

高知市の県庁前交差点が起点で、ここからR33との重複でスタートします。暫くは4〜6車線で高知市街を進み、道路中央を土電の路面電車が走ります。やがて車線が減り2車線になると線路敷内進入可となり、高知r6交点先で直角にカーブし鏡川を渡ります。
その先からはBPとなり快走できますが、高知r386交点先で右折し、JR土讃線と土電に挟まれて進み、賑やかな伊野駅前となります。仁淀川に沿うようになり、R33を左に分けて単独区間になり仁淀川に沿って進みます。右手は山林や畑などが続き、所々に集落があります。
仁淀川と分かれるとその支流の上八川川に沿い、R439と合流すると約6qほど重複します。R439を右に分けると上り勾配が続く山間部となり、枝畝と新大森の両トンネルを抜けます。高知r40交点からは吉野川に沿い、川と分かれると本川トンネルを抜けます。
さらに山間部を上ると5.5qある寒風山トンネルで県境を越え愛媛県に入ります。今度は山間部の下り勾配となり、前方に松山道が見えるとやっと周囲が開け、暫く行くと終点のR11交点となります。 (Aug.2016)
国道一覧にもどる
完走国道クイックリンクにもどる


Last modified -