国道160号
石川県七尾市〜富山県氷見市〜富山県高岡市
46.1q

  七尾から富山湾のそう形で進み、高岡に至る国道です。晴れの日に富山湾沿いに見える立山連峰は一見の価値があります。

起点は能登半島の付根の七尾市川原町交差点で、暫くは信号の多い七尾市街地を走ります。市街地を外れると山間部に入り、軽い山越えをして富山湾側に出ます。
富山湾に沿って暫く進みますが、晴れていれば海の向うに立山連峰が見えます。立山に残雪があれば、雪を頂いた山が海からいきなり聳えるように見えます。
県境を越えて富山県に入り、氷見の市街地の西外れを抜けます。ここは大規模な公園地でスポーツ施設や学校も点在します。ここからは4車線になって、一気に高岡まで走ります。氷見から高岡の間は4車線の快適な道路で、信号も多くなく快走できます。
高岡では郊外のR8交点にIC方式で接続します。全線走っても50Km弱で、七尾・氷見・高岡の3市のみしか通らず、一時間少々で走破できます。(May.2002)
国道一覧にもどる
完走国道クイックリンクにもどる


Last modified -