国道145号
群馬県吾妻郡長野原町〜群馬県吾妻郡中之条町〜群馬県沼田市
49.8q

  群馬県内の長野原と沼田を結ぶ国道で、大半の区間が吾妻川の渓谷となっています。有名な八ツ場ダムの建設予定区間で、道路が付け替えられ新道になっているところもあります。

国道3起点として記念碑もあることで有名な長野原町の羽根尾交差点が起点で、ここから中之条までの約27qは吾妻川に沿って進みます。
左側には吾妻川、右側にはJR吾妻線が走り、ほとんどの区間が渓谷となっています。この吾妻渓谷は秋には紅葉の美しいことで有名ですが、道路は渓谷に忠実に沿うためにカーブが多く見通しの悪いところもあります。
吾妻渓谷に沿う区間は八ツ場ダムができると付け替えられる区間で、すでに川の対岸の一部に新道も完成していますが、八ツ場ダム自体は必要の是非が問われています。

吾妻町の東部で渓谷は終わり、しばらくして川から離れて吾妻町の中心を抜けるとすぐに中之条に入ります。中之条にはいるとすぐに中之条の市街地となって、東西に長い市街を抜けますが交通量は多くありません。
市街地の外れで左折し、ここから沼田までの約23qは前半は農村部、後半は山間部となります。隣の高山村の群馬r36交点付近までが高原野菜などの農業地帯で、その後は山間部となります。
高山と沼田の境を成す標高710mほどの今井峠を越えます。 沼田市内もほとんどが山林で、終点のR17との交点も林の中の坂を降りると、いきなり現れます。(May.2001)


国道一覧にもどる
完走国道クイックリンクにもどる


Last modified -