国道140号
埼玉県熊谷市〜埼玉県秩父市〜山梨県塩山市〜山梨県南巨摩郡増穂町
140.4q

  熊谷と増穂町を秩父、塩山経由で結びます。県境の雁坂峠は1998年にトンネルが開通するまでは点線国道でした。埼玉県側は「彩甲斐街道」、山梨県側の雁坂トンネル〜R20までは「雁坂みち」の愛称があります。

起点の熊谷から寄居にかけてはBP中心の4車線ですが、花園から寄居にかけては2車線の現道もあります。市街地からは少し外れていて田畑が多く目に入りますが、ロードサイド店をはじめとする各店舗や工場などもあり、また関越道の花園ICへのアクセス道路でもあります。
寄居は市街地の北縁を通り、その先で現道とBPに分かれます。現道の方は皆野まで荒川に沿って走り、BPの方はその間を寄居トンネルや釜伏トンネルなどの、比較的長大なトンネルでショートカットする有料道路です。
寄居から皆野の間のR140は休日を中心に混雑が激しく、長瀞や波久礼などはよく渋滞情報で耳にする地名です。この間の荒川は渓谷で特に長瀞は船下りでも有名で、現道を走るとその荒川は左手に見えます。
皆野で荒川を渡り、皆野市街を抜けると寄居からのBPと合流し、すぐに秩父に入ります。秩父の市街地は南北に細長く、その中を走るために信号が多く、特にR299交点の上野町で渋滞します。前方には石灰岩の山の武甲山が、大きく山肌を削られた異様な姿をして聳えており、秩父市街からもよく見えます。
秩父のとなりの荒川村からは山梨との県境の雁坂峠へ向かっての上りにかかり、沿道は山林が占める割合が高くなります。大滝村に入るとカーブが多くなり、現道とBPの2本が中津川を挟んで走り、BPの方にはループ橋もあります。

雁坂峠の少し手前で現道とBPは合流し、上り勾配がきつくなりトンネルをいくつか抜けると、6Km超の有料道路の雁坂トンネルです。トンネル内は直線で、トンネルを抜けると山梨県三富村です。
富士川に通じる笛吹川を堰き止めた広瀬湖が右手に広がり、長い下り坂となりますが、2車線で交通量多くなく快適に走れます。周囲は山が続き、沿道だけにほんの少し民家があります。
山林ばかりだったのが畑や果樹園が増えてくると山梨市となり、名刹の恵林寺の近く通り、この付近から交通量が多くなります。温泉で有名な石和に入ると市街地を進み、交通量も一気に増えます。
甲府に入ってR20と短い重複をしますが、ここから先は平成5年にR140になった区間です。 R20との短い重複を終えて左折して分かれると、いきなり狭い2車線で県道との交差点では信号もなく、R140側に一時停止義務があるなど、かなり格落ちの感があります。
さらに笛吹川の堤防の上を、センターラインのない状態で走らされたり、古そうな橋を渡ったりとかなり怪しげな状態が続き、増穂町のR52交点に至り終点となります。
(Apr.2001)


国道一覧にもどる
完走国道クイックリンクにもどる


Last modified -