国道135号
静岡県下田市〜静岡県伊東市〜神奈川県小田原市
94.4q

  伊豆の東海岸を走る国道で、海を見ながら走る区間も多く、風景は一級でドライブをするには最適です。
しかしながら交通量は多い上に主要道路がほかにないために常時混雑します。特に伊東から北の区間は、休日には確実に渋滞するほど混雑が酷く、渋滞情報常連国道でもあります。

起点は伊豆急下田駅前の中島橋交差点で、ここは伊豆半島を走る3国道R135・R136・R414の起点です。起点付近は観光拠点でホテルなども多く、短区間ですが4車線になっています。
御用邸もある須崎の付け根を横断した後、伊豆半島の東海岸を北上します。東海岸は伊豆の観光地が連なるので、当然のように交通量は多く、シーズン中をはじめ週末などには必ず渋滞する道路です。
伊東まではカーブやトンネルが多く、海際を走る区間もあります。主要な観光地や温泉地だけでも、伊豆白浜・河津・稲取・熱川・城ヶ崎・川奈と続きます。

伊東は山が海に迫ったところの細長い街で、現道とBPがあります。川奈で現道とBPに分かれ、BPはトンネルで伊東市街地の南側で海際に出て、4車線となってホテルや旅館が並ぶ海沿いを走ります。
現道の方は山越えで伊東市街地に入り、街中の2車線道路で進みます。現道とBPは伊東市街地では1ブロックしか離れておらず、どちらを経由してもトレースできますが、時間的にはBP選択が圧倒的に有利です。
伊東から先は再び山が海にせまった地形を行き、トンネルが連なります。この付近のトンネルはトンネル内が狭くなっている未改良のものもあります。網代では市街地を走り、魚関係の土産物店などが道路際に並んでいます。

網代市街を抜けてトンネルとカーブが再び続く中を暫く行くと熱海市街地に入ります。熱海市街は南行、北行が1ブロックはなれて、それぞれ一方通行になっています。この一方通行の前後にサンビーチやお宮の松、錦ヶ浦公園などがあります。
熱海駅付近から現道とR135BPである新旧2本の真鶴道路(どちらも有料)があって車を捌いていますが、大半の車は真鶴道路経由を選択します。真鶴道路は景色もいいですが、休日午後は確実に渋滞します。
現道の方は曲がりくねった道で、場所によっては大型がはみ出すほど車線が狭いのですが、信号がないうえ交通量もさほど多くはありません。
神奈川県に入った小田原市根府川で現道と真鶴道路は合流し、終点小田原まで2車線となりますが、この区間は渋滞多発個所でもあります。 (Jan.2001)


国道一覧にもどる
完走国道クイックリンクにもどる


Last modified -