国道134号
神奈川県横須賀市〜神奈川県逗子市〜神奈川県藤沢市〜神奈川県平塚市
61.1q

  三浦半島を2/3周してから鎌倉に出て、さらに湘南海岸を進みます。多くの区間で海が望めますが、関東地方の渋滞情報の常連国道で、とにかくその混雑は悪名高く、できる限り走りたくない国道の一つです。

起点は三浦半島東岸の横須賀で、暫くは住宅やマンションなどの多い横須賀市内を進み、やがて海沿いに走るようになります。 横須賀市から三浦市に入ると海水浴で有名な三浦海岸に沿い、その先で内陸に入って農地の多い丘陵部を進み、引橋の交差点で鋭角に曲がって向きを変えます。
その後も暫くは同じように農地の多い丘陵部を進み、再び横須賀市に入ります。 暫く進むと陸上・海上両自衛隊の施設が左側に広がります。その先で再び丘陵を走り過ぎると、葉山・逗子・鎌倉と主に海沿いを走ります。相模湾が左手に広がり景色はいいですが渋滞します。

鎌倉からは西に向かい江ノ電とも並走し、江ノ島も見えてきます。この付近も、常時渋滞しています。藤沢に入ると4車線になり、江ノ島入口の先で境川を渡ると湘南海岸の海水浴場が左側に広がります。
ただし海との間には防砂林が広がっていて海はほとんど見えません。この付近は4車線に改修されてからはかなり流れるようになりましたが、かつて2車線だったころは夏など大渋滞が起きていました。
4車線区間が終わると再び渋滞が始まり、茅ヶ崎市柳島や平塚市唐ヶ原は、渋滞情報でよく耳にする地名です。茅ヶ崎と平塚の間で相模川を渡り、平塚市唐ヶ原で2本に別れ、どちらもR1にぶつかって終わります。
休日は、朝早くから、唐ヶ原で8Kmとか、由比ガ浜で7Kmとか、とにかくこの国道の渋滞は尋常ではありませんが、沿道には湘南、江の島、鎌倉さらには材木座、七里ガ浜など耳障りの良い地名が続き、海を眺めながらのドライブができます。(Nov.2000)


国道一覧にもどる
完走国道クイックリンクにもどる


Last modified -