国道129号
神奈川県平塚市〜神奈川県厚木市〜神奈川県相模原市
31.7q

  平塚の渋滞で悪名高いR134高浜台交差点と、相模原のかつて悪名高かったR16橋本五差路を結ぶ神奈川県内だけを走る国道で、中間の厚木でR246と重複します。重複区間は6車線、それ以外の区間は4車線あります。

平塚の起点高浜台交差点は相模湾の河口近くで、ここから北に向かいます。厚木との境に近い東海道新幹線を潜るあたりまでは基本的に市街地で、交通量・信号共に多く、かなり走った新幹線交差付近から少しの間はやっと沿道に農地が広がり建物の姿は少なくなります。
厚木に入ると東名厚木ICがあり、その先で市街地に戻り小田急線を陸橋で越えるとR246と合流し重複します。この重複区間はR246の方が知名度が上で、おにぎりは歩道橋にかろうじて両方掲げられているものの、青看はR246で案内されています。
厚木市街を抜けて右に大きく90度曲がり、相模川の支流の中津川を渡ると高架道路の側道に入り、直進するR246と分かれます。R246の陸橋の下で左折し4車線の直線路になって北に進みます。沿道には各種建物が並ぶものの、そのすぐ裏には農地が広がっています。
新昭和橋で相模川を渡り、それまで相模川の西側を走っていたのが東側に変わり、同時に相模原に入ります。相模原はマンションなどもありますが、比較的工場が多く建っています。
その工場の間を直線で走りR16交点が終点ですが、終点ではR16本線は陸橋の上を走っています。このR16陸橋ができたおかげで、かつては渋滞していた終点の橋本五差路の混雑もだいぶ緩和されました。
ほとんど全線が市街地を通り、 交通量は多く渋滞箇所もあり、短い割に走行には時間がかかります。特に平塚では両方向渋滞気味、厚木でもR246重複区間でよく渋滞します。(Dec.2001)
国道一覧にもどる
完走国道クイックリンクにもどる


Last modified -