国道128号
千葉県館山市〜千葉県勝浦市〜千葉県茂原市〜千葉県千葉市
131.6q

  千葉県館山から房総半島南部を太平洋を見ながら巡り、外房海岸を鴨川〜勝浦〜茂原〜東金と進み、東金からはR126と重複して千葉に達する県内完結の国道です。

JR内房線の館山駅近くにある起点の北条交差点から約1qほどR127と重複して市街地を進んだ後、R127は左折して分かれ単独区間となります。長閑な風景の中、房総半島の南部を横断し和田で太平洋側に出ます。
鴨川までは太平洋に沿って走りますが、江見地区に狭い区間があるのを除けば、ほかは2車線の走りやすい区間が続き、気候も温暖です。
太海地区を過ぎると嶺岡トンネルを潜り、鴨川の市街地に入ります。この付近から鴨川市街にかけては混雑しています。鴨川駅の先でJR外房線を跨線橋で渡り、その先は鴨川シーワールドやホテルが並んでいます。この付近も行楽期には渋滞が激しいところです。

鴨川から館山にかけては山が海に迫っていて地形が厳しい区間ですが、ほとんどの区間で道路が付け替えられトンネルと高架橋が多用されています。信号も少なく行楽期を除き快走できる区間です。
勝浦では市街地を抜けますが、市街地はさして大きくはないので混雑はするものの比較的短時間で抜け、その先は海から少し離れて走ります。
JR外房線と並行して雑木林などの多い中を暫く走ると大原となります。大原も市街地を抜けますが混雑しているものの、勝浦同様市街地が小さいためあまり時間はかかりません。

大原から先は平坦地を走り、沿道には各種店舗や住宅があるものの田畑も多くあり、どことなく長閑な風景が続きます。一宮からは北西に向きを変え、一宮の市街地を抜けます。
内陸部を走り茂原にはいると市街地で右折して北向きになります。茂原の市街地には4車線のBPと街中を狭い2車線で抜ける現道がほとんど距離をおかずに並行していますが、どちらも交通量が多く渋滞していることもあります。
茂原から大網にかけては郊外部の平坦な中を行きますが、交通量が多く渋滞している区間もあります。東金に入りR126交点で左折して終点千葉市まで約24KmほどはR126と重複します。 (Dec.2000)


国道一覧にもどる
完走国道クイックリンクにもどる


Last modified -