国道124号
千葉県銚子市〜茨城県鹿嶋市〜茨城県水戸市
88.1q

  銚子大橋の南側が起点で、すぐに利根川を渡り茨城県に入り、鹿嶋市でR51に合流します。その後は終点の水戸までR51と重複する国道で、単独区間は約35Km、R51との重複区間が約53Kmの国道です。

銚子の起点から走るといきなり銚子大橋を渡ることになりますが、利根川河口にかかるため橋は長く、両端に信号があるため橋上で両方向とも詰まります。橋には歩道がないため自転車が走行していると抜くのに苦労します。
橋を降りると茨城県で、暫くは2車線となります。ロードサイド店が両側に並び、出入りの車で詰まることがあります。ロードサイド店がなくなると4車線に増え、田園地帯を直線で走りますが、なぜか信号が多く時間がかかります。
やがて神栖〜鹿島の一帯に広がる工業地帯の南側を走り、北側には大工場の赤と白に塗り分けられた巨大な煙突が何本も見えます。 沿道も各種店舗やホテルなどが集まり賑やかになります。
神栖で90度右に曲がり北に向けて進みます。神栖と鹿嶋の間は4車線の快適なBPとなり、鹿島神宮の森の脇でR51に合流します。
神栖から鹿嶋にかけてはBPのほかに2車線の現道があったのですが、一部区間は鹿嶋港浚渫のため通行止にされ、そのまま廃道になったようです。また鹿嶋神宮付近も現道がありましたが、こちらも国道指定を解除されたようです。(Feb.2001)
国道一覧にもどる
完走国道クイックリンクにもどる


Last modified -