国道107号
岩手県大船渡市〜岩手県北上市〜秋田県横手市〜秋田県本荘市
192.7q

  太平洋に面した岩手県大船渡と日本海に面した秋田県本荘を結ぶ、東北横断国道。北上から横手にかけてはJR北上線と並行し、錦秋湖を見ながら走り風光明媚。

大船渡市街地の北でR45から分かれてスタートし、少し走ると山の中となり白石峠を白石トンネルで越えて住田町に入ります。住田は役場付近に住宅があるだけで、ほとんど何もない山林の中を進み荷沢峠を越えて遠野に入ります。
遠野は南西部を縦断しますが、ここも山林が続き糠森峠を経て宮守村となります。ここで猿ヶ石川を渡り、川を渡ったところで向きを西に変えますが相変わらず山林の中で、江刺市を抜けて北上市の北上川近くまで同様の景色です。
北上川を日高見橋で渡りすぐに左折し、東北新幹線に沿って市街を走った後今度は右折し、駅近くの市街地の真ん中を抜けます。R4と交差し、この交差点から東北道北上江釣子ICまでの約1qは市街地の4車線道路、その後は田圃の中の走りやすい2車線路となります。

岩手r37交点を過ぎると再び山の中となり、左手にダム湖の錦秋湖が見えてきます。細長い錦秋湖を見ながら走りますが、錦秋湖のほか山ばかりです。湯田町の中心JR北上線ほっとゆだ駅近くを過ぎ暫く走ると県境の巣郷峠となります。
巣郷峠を越えて秋田県に入り、黒沢川に沿ってクネクネと山間部を縫うように走り山内村を経て横手となります。横手は市街地の南縁を東西に走ることになります。南から来るR13と重複してJR奥羽線を陸橋で渡り、すぐにR13が右折して北に分かれていきます。
横手から雄物川町の雄物川の橋までは田圃の中を進みます。雄物川を渡ると山間部となり、次の東由利も道の駅付近が開けている他は山林や田圃で銀河トンネルを越えると本荘になります。
本荘も最初のうちは山の中ですが、段々と民家が多くなり所々センターラインが消えたりもします。平地に出ると本荘の市街となり右からR105が、次いで左からR108がそれぞれ合流し重複区間となって本荘市街を走りR7交点に向かいます。
本荘の一部を除き2車線以上が確保され、大きな市街地も北上と本荘以外はないので、ほとんどの区間で快適に走行できます。(Aug.2003)


国道一覧にもどる
完走国道クイックリンクにもどる


Last modified -