国道53号
岡山県岡山市〜岡山県津山市〜鳥取県智頭町〜鳥取県鳥取市
139.8q

  岡山と鳥取の両県庁所在地を結ぶ陰陽連絡の幹線国道で、起点の岡山も終点の鳥取も市街地を右左折しながら進みます。
岡山県内は県北の中心津山市を結ぶルートでもあり交通量も多めですが、県境区間は交通量も減って快走できます。鳥取県内は岡山川に比べ、交通量は少なく、よく流れています。

岡山の中心部にある大雲寺交差点が起点で、ここはR30やR250の起終点でもあります。起点から岡山の中心部を北、西、北さらに西と走ります。車線数は多いのですが、交通量も多く右左折があるので時間がかかります。最初の大雲寺交差点から柳川交差点までは、道路中央を岡山電気軌道の電車が走っています。
市街地から郊外に差し掛かるところで、さらに北に向きを変えて、少し行くと山陽道岡山ICがあります。その先で山陽道を潜り、岡山r72交点からは2車線になり、田園や雑木林が増えてきます。
辛香峠はトンネルで抜けて、その後は右手に旭川が流れ、川に沿って進みます。JR津山線とも平行します。福渡が久しぶりの市街地で、その先で旭川と分れて、その支流の誕生寺川に沿うようになります。
久米南町に入り、JR弓削駅付近が久米南町の中心で、そこを抜けると田園地帯をひたすら進みます。流れはいいのですが、交通量も結構あります。
R429と合流して少し走ると、今度はR179と合流して津山の市街地となります。JR津山駅付近で左に曲がって今津屋橋で吉井川を渡り、すぐに右折します。

ここから4車線になって吉井川に沿って進みます、。中国道の津山ICまで4車線区間が続き、ロードサイド店やGS、ファミレスなどが多く並んでいます。
津山ICを過ぎると2車線に戻り、しばらく津山市の郊外を走った後は田園地帯となり、さらに進むと山林が増えてきます。奈義トンネルを抜けると上り勾配がきつくなり、ループ橋で一気に高度を稼いで、山林の中を進みます。
岡山鳥取県境の黒尾峠をトンネルで抜けて鳥取県に入ると、今度は下り坂となって山がちの中を進んでいきます。田園が増えて辺りが開けてくると智頭ですが、智頭は街中を避けて郊外を迂回し、その先で智頭トンネルを抜け、千代川に沿って農村部を走るようになります。
高福トンネルを抜けると鳥取道の河原ICがあり、そこからは暫く鳥取道が頭上を走っています。鳥取道と分かれると千代川沿いの平野部となり、R29交点付近から4車線区間も混じるようになります。
JR山陰線の高架を潜ると鳥取の中心部となり、ここも起点付近と同様に右折、左折、左折と繰り返し、鳥取の中心部を進んでR9交点が終点となります。
岡山市街地は常時交通量が多く、岡山〜津山間も交通量は多めですが、津山〜智頭の県境を跨ぐ区間は交通量が少ない快走区間、また鳥取市街は交通量は増えるものの岡山市街に比ぶべくもありません。
(Aug.2010)

国道一覧にもどる
完走国道クイックリンクにもどる


Last modified -