国道52号
静岡県静岡市〜山梨県南巨摩郡身延町〜山梨県南アルプス市〜山梨県甲府市
100.1q

  旧清水市(現静岡市)から北上して山梨県に入り、富士川に沿って北上します。身延、鰍沢と街道筋を進んで甲府まで100kmほどの国道です。

静岡の起点は旧清水市のR1交点で駿河湾に面しています。すぐにJR東海道線を陸橋で跨ぎ、その先からは市街地となります。
東名高速を潜り、東海道新幹線と交差する辺りまでが市街地で、その先からは畑や雑木林などが多くなり、カーブも多くなってきます。静岡県内はその後も畑や雑木林が続き、やがて山梨県に入ります。

山梨県内では暫く山林の中を走った後は、富士川に沿って進みます。R52は富士川の西岸を北上し、JR身延線が富士川の東岸を同じく北上します。富士川に沿った山がちの風景の中をカーブが多い2車線で進みます。トンネルもありますが、富沢町や南部町では小さいながらも市街地を抜けます。
身延では富士川を挟んで市街地の反対側を走ります。新道になっていて、トンネルも新しく快適な区間です。身延から先も富士川に沿って進みますが、防災のためか新道に付け替えた区間と、そうでない区間とがあって、落差が大きく各所で防災工事もしています。

鰍沢は高架で一気に抜け、増穂からは富士川から離れ、その後は増穂・甲西・櫛形・白根と街中を貫き、そのため右左折が多く、信号で詰まることもあります。
白根の街中を抜けると田園地帯の中を抜けて、釜無川を渡りR20交点で右折してR20との重複区間になります。約7qほどR20と重複した後、竜王で分かれ2車線の市街地道路となります。
甲府に入ると2車線の狭い道で直角に何度か曲がり、最後の左折をすると4車線の市街地道路となって終点となります。(Dec.2000)

甲西道路:R52には山梨県白根〜甲西の間に甲西道路といわれるBPがあります。中部縦貫道が完成後の側道となります。そのため上下線が分かれ、上下間に中部縦貫道の橋脚が建ちあがっているところも多くあります。
上下1車線づつで、新しい道路のため走りやすいものの信号が多く、しかも赤信号の待ち時間がかなり長いです。
この区間のR52は市街地を黄色いセンターラインで走る道なので、それに比べれば格段に見映えはいいですが、時間節約効果はほとんどありません。(May.2001)


国道一覧にもどる
完走国道クイックリンクにもどる


Last modified -