国道27号
福井県敦賀市〜福井県小浜市〜京都府舞鶴市〜京都府船井郡丹波町
139.4q

  敦賀を起点に、若狭地区を横断して京都府に入り舞鶴〜綾部を経て丹波町でR9に突当たり終点となります。若狭地区は三方五湖や城下町小浜などの観光地のほか原発も多く、また舞鶴では海上自衛隊の艦船を間近に見ることができます。

敦賀の起点はR8BP交点で、R27の方もここ から隣りの美浜町佐田までは金山バイパスとしてBP化され、旧道は県道に降格されています。したがって起点付近は真っ直ぐな4車線であり、他の道路との交差点は立体化され、敦賀と美浜の境も旗護山トンネルで抜けます。ただし4車線は敦賀の市街地のみで郊外からは2車線になります。
美浜からは若狭の国で美浜・ 三方・上中とJR小浜線の駅のそば、つまり街中を通りますが、いずれも規模は小さく、郊外は快走区間になります。北側は美浜からは日本海が、三方からは三方五湖が広がりますが、三方を過ぎると田園地帯や雑木林が多くなります。
上中の次が若狭の中心の小浜です。街の南側を掠めるように走り、北側市街地が広がっています。さすがに若狭の中心だけあって交通量が多く流れも今ひとつです。
小浜からは先は大飯・高浜と原発で有名な町が続きます。海に沿って走る区間もあって景色はよく、やがて内陸に入って吉坂峠を青葉トンネルで抜けると京都府舞鶴市に入ります。

舞鶴に入って暫くは雑木林や山林の間を走ります。徐々に市街地となりますが、舞鶴はかつて海軍の軍港であり、また現在も海上自衛隊が置かれている東舞鶴と、もともと城下町(田辺)であった西舞鶴がまるで別の町のようにはっきりと別れています。
最初に東舞鶴の市街地を通り、市街地の外れから4車線になります。山間部を走り五老トンネルを抜けて坂を下ると西舞鶴に入り市街中央のR17交点で左折し、ここから2車線に戻ります。
その後は2車線の整備された道が続き、風景も緑が多くなります。交通量はあるものの信号が少なく、流れもよく快走できます。綾部は市街地を掠める程度で、その後は由良川に沿う山峡の雰囲気の中を走り車線も心持ち狭くなります。R9との交点である丹波町蒲生交差点が終点です。
全体として快走できる区間が多いのですが、夏の海水浴の時や行楽期は渋滞必至の国道です。(May.2003)


国道一覧にもどる
完走国道クイックリンクにもどる

Last modified -