国道22号
愛知県名古屋市〜愛知県一宮市〜岐阜県岐阜市
37.0q

  名古屋と岐阜を結ぶ大幹線国道で、名岐バイパス区間は8車線の文字通りの大動脈です。しかし交通量も多く、渋滞も多く発生しています。

名古屋と岐阜を結ぶ第一級の国道で、名岐バイパス区間は片側4車線が続くすばらしい道路ですが、一部の信号のために渋滞するのが残念です。この道路を見ると、東京横浜間のR15などは貧弱極まりなく思えてきます。

名古屋の起点は熱田神宮南交差点で、R19と重複で伏見通りとなって、名古屋市中心部を抜けます。熱田神宮の西側を通り、金山駅の西の陸橋でJRと名鉄をまとめて越え、市内中心部に入ります。
名古屋の中心部は京都と同様に交差する通りの名前を組み合わせて呼びますが、桜通伏見の交差点でR19が右折して桜通りとなり、ここからはR22単独となります。
名古屋城の南西部を掠めて向きを北から西に変え、更に上更通の交差点で右折し、次に康生通3の交差点で左に入ります。今度は堀越の交差点で左折して新名西橋で庄内川を渡り西枇杷島町に入ります

この堀越の交差点から先が名岐バイパスと呼ばれる区間です。このBPは本線6車線のほか、その外側に上下1車線づつが分離帯で仕切られています。道路沿いの店は、この外側の車線を利用することになるので、詰まらずにすみます。
沿道は各種ロードサイド店をはじめとする店舗が多く、SC・GS・ファミレス・パチンコ・ディーラー・コンビニ・ラーメン・カー用品とあらゆる種類・分野に及びます。 また岐阜までの間に東名阪道清洲東・名神一宮・東海北陸道一宮木曽川の各ICと接続しています。
岐阜の東隣の岐南町でR21に直角にぶつかり、ここからR21と約3q程重複し、岐阜市茜部本郷交差点が終点です。このR21との重複区間は4車線しかないわりに交通量が多く、特に岐阜方面は渋滞していることが多い区間です。
聞くところによると、これだけの道でも朝夕は渋滞すると言うのですから、さすが車社会の名古屋だけのことはあります。(Mar.2001)


国道一覧にもどる
完走国道クイックリンクにもどる


Last modified -