国道21号
岐阜県瑞浪市〜岐阜県可児市〜岐阜県岐阜市〜滋賀県坂田郡米原町
101.4q

  岐阜県瑞浪市〜滋賀県米原町までの101.4Kmの国道ですが、起点側はR19と終点側はR8との重複区間があり、単独区間は岐阜県土岐市〜滋賀県近江町の区間です。起点から各務原までと大垣から終点までは比較的長閑な区間、各務原から大垣間は岐阜県の人口密集地帯で交通量も多く混雑します。

起点から約3qの間はR19との重複で土岐市で右折して単独区間が始まり、すぐに中央道土岐ICがあります。重複区間を含めて土岐ICまでは4車線で、その後は2車線になります。
土岐ICを過ぎると山林の中を進み、次月峠を越えて御嵩に入ります。山林から田園地帯へと変わりますが、路面状態もよく信号もほとんどなく快走区間が続きます。
可児市内で一時的に4車線になりますが、すぐに2車線に戻り新大田橋で木曽川を渡ります。橋を渡り終えると美濃加茂で、ここからR41と重複して美濃加茂市街地の真ん中を走り、その後は木曽川に沿って走ります。
川はほとんど見えませんが、この付近は日本ラインとして有名なところで、船下りが楽しめます。地形も険しく左手にはJR高山線を挟んで山が続きます。辺りが開け、沿道が賑やかになってくると各務原市鵜沼で、駅近くの市街地を通ります。

その先から4車線になりますが同時に交通量も増えます。各務原〜岐南と4車線で走り、沿道にはロードサイド店をはじめ各種の店舗や物流拠点などが並びます。R22との交点岐南IC付近からは特に米原方面への車線は渋滞します。
岐阜に入って、市内の交通の要衝の茜部本郷交差点〜長良川までは6車線になります。岐阜は中心部の南側をバイパスして走りますが、交通量は多く混雑しています。
長良川を穂積大橋で渡り4車線となり、さらに揖斐川を渡ると大垣市街地のバイパスして走ります。4車線は大垣までで、垂井から終点米原までは2車線となります。
垂井市街を抜けると関ヶ原への上りとなり、その関ヶ原は古戦場の真ん中を走ることになり、R21沿いに関ヶ原合戦の史跡もあります。古戦場の先の県境付近は登坂車線もあり流れがよく、滋賀県内も2車線の普通の道路ですがよく流れています。
滋賀では米原の北隣の近江町西円寺交差点でR8と合流し、約1.5qほどR8と重複して走り米原に入って終点となります。(Nov.2001)


国道一覧にもどる
完走国道クイックリンクにもどる


Last modified -