国道20号
東京都中央区〜東京都八王子市〜山梨県大月市〜山梨県甲府市〜長野県塩尻市
225.0q

  東京からの放射状に伸びる幹線交通網のうち山梨方面へは国道は20号、高速は中央道、JRは中央線がそれぞれ通じていますが、どれも他方面に比べ整備率は今ひとつです。鉄道は新幹線もなく複線の中央線のみ、高速も都内は片側2車線、そしてR20も立体化・BP化区間はほとんどなく、車線幅の狭い区間が続き、都県境の大垂水峠もトンネルはなく山越えです。山梨県内も大月や甲府は市街地を抜けるために混雑し、長野県に入っても諏訪市内は混みます。塩尻峠をやはりトンネルなしで越えて終点となります。

東京日本橋から八王子、甲府を経て塩尻までの国道で、甲州街道の名で広く知られています。

日本橋は7本の国道の起点で、このR20はR1・R15と重複し南に向けて中央通りとしてスタートをきります。すぐにR15と別れR1と共に右折して永代通りに入ります。 大手町で左折して皇居を南回りで迂回します。
内堀沿いに走り日比谷の交差点で右折し、R1とは桜田門で別れ、その後は国会議事堂や最高裁判所を見ながら進み半蔵門で左折して麹町〜四谷の街中を行きます。 四谷〜新宿までは新宿御苑の下をトンネルで抜けます。
ここまでは中央通り〜永代通り〜日比谷通り〜内堀通り〜麹町大通りと走ったわけですが、新宿からは甲州街道となります。 JR新宿駅南口前を通り、その後しばらくは主要道路とは立体化されていますが、交通量が多く深夜でも渋滞していることもあります。
調布からは幅の狭い4車線、日野からは2車線、八王子で再び4車線となりますが、調布・府中・日野・八王子といずれも中心部を通るために終日混雑しています。

八王子市高尾付近から山が近くなり、大垂水峠を越えて神奈川に入ります。 神奈川県に入ると相模湖の北側を通り、道路もカーブが増えて曲線の方が多くなってきます。神奈川県は県北部の相模湖〜藤野を掠めるように走るだけで、すぐに山梨に入ります。
上野原の市街地を抜けた後、大月までは大幹線のわりには貧弱で、険しい地形を避けて走るためにカーブが続きます。大月では市街地の真ん中を狭い2車線で抜けるため、混雑しています。
大月市街を抜けると長閑な風景の中を上り勾配基調で走り、笹子峠を2.9Kmの笹子トンネルで抜け、甲府盆地に向けて下ります。 勝沼からは4車線のBP区間が竜王まで続きます。このBP区間は甲府市内を中心に交通量が多く、甲府市内では中心部からはかなり南に外れているのですが渋滞気味です。

竜王からは2車線に戻り、中央道やJR中央線と並行して進み、盆地から高原へと徐々に上っていき、山梨県から長野県に入ります。
長野県に入り少し走ると富士見峠を越えるために急坂となり、一気に高度を稼ぎます。
暫くは雑木林や畑などが続きますが、茅野から先は諏訪・下諏訪・岡谷と市街地が連続してあり、交通量も多く流れも悪くなります。諏訪から下諏訪にかけては諏訪湖の近くを走ります。
下諏訪では諏訪大社の下社秋宮、次いで下社春宮の近くを通り、岡谷に入って市街地を抜けると長野道岡谷ICがあります。岡谷ICを過ぎると塩尻峠にかかります。 塩尻峠は登坂車線もあって整備されており、峠を下りたところの長野道塩尻ICから終点までの区間は高速並みに整備されています。
全線に渡り中央道とJR中央線が並行しています。(Jun.2001)


国道一覧にもどる
完走国道クイックリンクにもどる


Last modified -