そして名探偵は生まれた

孤島や館、雪の山荘などの密室状態での物語を4編。
そして名探偵は生まれた
名探偵影浦逸水は助手の武邑大空とともに伊豆に来ていた。なりふり構わぬ企業買収で名高いアラミツ・グループ社長の荒垣美都夫に頼まれて、保養所萩宮荘で講演をするためだった。
影浦は多くの怪事件を解決し、警察界でも有名な人物だったが、金には困っていた。というのは解決した事件の大半は、警察の要請によるもので、僅かな礼金しかもらえなかったからだ。
名探偵とは崇高なものと思う武邑は、そんな影浦の考えをいさめるが、実際金に困り借金もある影浦には馬耳東風だった。
さてその夜のこと、萩宮荘で事件が起きた。講演会場にもなったホール内で荒垣が殺されたのだ。発見の直前にホール内で争うもの音がしたのを複数の人間が聞いていた。
そしてその人間によるとホールから出てきた者はいない。一方窓からは庭に出れるが、積もった雪に足跡はなかった。つまり密室殺人事件だった。
事件の発生を知らされた武邑は影浦を起して捜査させようとするが、影浦は要請もないのに事件を解決しても一銭にもならないというばかりだった…

生存者、一名
真の道福音教会に属する宗像達也、森俊彦、永友仁美、大竹三春の4人は、死者13人、重傷者59人にのぼったJR大*駅爆破事件の実行犯であった。4人は構内の4か所にひとりづつ爆弾を仕掛け、数キロ離れた場所で遠隔操作のスイッチを入れて爆弾テロを実行した。
その後4人は盗難車を利用して西に向かい、半日遅れで予定されたサービスエリアで教団幹部の関口秀樹司祭とその助手稲村裕次郎と落ち合った。以後関口の主導で鹿児島県の港から、これも盗んだクルーザーを使い屍島に上陸した。
屍島は岩だらけの無人島で、漁場からも定期航路からも遠いために、近くを船も通らない、文字通り絶海の孤島だった。ここで実行犯の4人はしばらく潜伏したあとで、偽造パスポートで海外に脱出する手はずになっていた。
ところがである、数日して関口がクルーザーを使って島から消えた。最初は何かの連絡のためとメンバー5人は楽観視していたが、10日経っても関口は戻らず、ついに教団による生贄にされたと認めざるを得ない状況となった。
稲村も本来は関口と行動を共にする計画だったが、関口に裏切られたのだった。食料は最低限の栄養を補給するものではあったがそれなりに量はあった。水も雨を溜めれば何とかなった。しかし島を脱出する手段は無く、よしんば脱出できたとしても待っているのは死刑。5人のサバイバルがはじまった。

館という名の楽園で
小田切丈史、冬木統一郎、平塚孝和、岩井信、水城比呂志、それに今は冬木の妻となった聡美の6人は学生時代の探偵小説研究科の仲間だった。が、卒業後は合う回数は急速に減り、数年を経ずして年賀状の交換だけをするようになっていた。
卒業後20年して突然冬木から招待状が送られてきた。北関東にある冬木の館への招待状で、1泊2日の日程で新幹線の切符も送られて来ていた。当日、全員が集まり三星館と名付けられた邸に案内される。
冬木はもともと英国にあったスリースターハウスを移築したもので、その館の由来や館にまつわる怪奇談など架空の物語まで用意していた。もちろん冬木が新築したものであったが、冬木に言わせれば館での惨劇というのが子供の頃からの夢で、それを実現したというのだ。
あきれる4人に、冬木は推理ゲームを行うという。それも劇を演じるのは招待客を含めた6人。聡美の懇願もあって、しかたなく6人は推理劇に付き合うことになった。

夏の雪、冬のサンバ
大都会の片隅にある木造モルタル、築数十年、風呂なし共同便所、しかも建物自体が大きくかしいでいる第一柏木荘。二階建てで1階と2階の入口は別になっており、それぞれ4室づつあった。
1階には1号室に中国人のドラゴン、2号室に日本人のショーグン、3号室はインドネシア人のバロン、4号室はブラジル人のペレ、2階は5号室から順にアルゼンチン人のゲバラ、ユダヤ人のダビデ、ペルー人のインティ、イラン人のアリババとほとんどが外人で占められていた。
雪の日、1号室で死体が発見された。発見者は2号室のバロン、殺されていたのは1号室のドラゴンだった。降りやんだ雪の上には2組の足跡があったが、それはどちらもアパートに来た跡だった。
しかも1組は外出から帰って来たバロンのものだった。それまで1階にいたのは被害者ドラゴン、2号室のショーグン、4号室にはダビデがいた。ダビデは昨夜遅くまでペレと飲み明かし、そのままペレの部屋で寝ていたのだ。
二日酔いのダビデを残し、ペレは仕事に行っていた。12時頃にダビデがトイレに行った時にドラゴンが外から戻り、同じくトイレから出てきたショーグンとも顔を合せている。
その時はまだ雪が降っていたらしく、ドラゴンは玄関で雪を払っていた。したがって事件があったのは12時から死体が見つかった12時半までの間に起きたことになる。
しかも足跡のもう1組がドラゴンのものとすると、犯人はショーグン、バロンそしてダビデの3人に限られてしまう。バロンは不法滞在者だし、ダビデは暴力団とも関係がありやばい仕事に手を出しているから安易に警察を呼ぶわけにもいかず…


島田荘司と新本格作家のメインページにもどる
Mystery Collection Mainへもどる


Last modified -