赤緑黒白

那古野市のマンションの駐車場で見つかった死体には、真っ赤なペンキがスプレーされていた。拳銃で撃ち殺された死体は真っ赤に装飾されていて、一種のオブジェのようだった。死体の身元はすぐにわかった。赤井寛という計理士の男だったが、MNIという宗教団体に勤めていた。
その事件が報道されてしばらくして、便利屋で探偵でもある保呂草潤平のもとに、ひとりの女が訪れた。名を田口美登里といい赤いペンキを吹き付けられて死んでいた赤井の友人だった。美登里は赤井を殺したのは、ミステリ作家の帆山美澪だと名指しし、それを証明してほしいというのだ。
美登里は最初、保呂草同様便利屋をやっている男を訪ねてその話をしたところ、保呂草を紹介されたといった。保呂草が美澪を犯人とする根拠を聞いてみたが、確たるものではなく何ともあいまいだった。そこで保呂草は2日間ほど日数をもらって事件をあたってみることにした。
だが保呂草は二度と美登里と話はできなかった。美登里が殺されてしまったのだ。美登里の死体はマンションの部屋で発見されたが、死体には緑色のペンキをスプレーされていた。事件の発見者は保呂草と愛知県警の祖父江七夏刑事だった。保呂草が美登里を訪ねたところ、同じく美登里を訪ねてきた祖父江刑事と偶然出会ったのだ。
祖父江七夏が美登里を訪ねたのは、美登里が警察に赤井殺しの犯人は帆山美澪だと訴えためであった。美登里は保呂草を訪ねる前に警察にも話をしていたのだ。だが警察では相手にしなかった。しかし祖父江七夏の頭の片隅には美登里の訴えが引っ掛かっていた。そこで美登里を訪ねたところ、保呂草と出会い、さらに死体を発見したというわけだった。
赤井という姓の男に赤いペイント、美登里という名の女性に美登里のペイントで装飾をするという猟奇的な事件が、2日間の間に連続して発生した。これだけでも充分に好奇な事件なのに、犯人と告発されたのが人気作家の帆山美澪だ。しかも帆山美澪の著作には連続ペイント殺人事件という同工の作品があった。
警察でも俄然帆山美澪に注目した。だが赤井殺しの時の帆山美澪には、あやふやながらアリバイがあった。諏訪湖の近くで執筆をしていたというのだ。調べたところ確かに帆山美澪は諏訪にいたが、夜間に車を利用すれば殺人は十分可能だった。だが決め手はなかった。そうこうするうちに第三の事件が起きた。黒田実という雑誌記者が公演で黒色のペイントをされて殺されていたのだ。
島田荘司と新本格作家のメインページにもどる
Mystery Collection Mainへもどる


Last modified -