あなたがいない島

日本精神心理医学会の限定心理研究会が主催する「あなたは何を持っていきますか」と題する無人島イベントが、神津島から1kmほど離れたところに浮ぶ無人島の古離津島で開かれた。
参加者が持ち込めるのは、衣服や着替えなどを除いて、一人ひとつだけ。何を持ち込むかは自由だし、5日間何をして過ごすかも自由。
イベントを通じて、人が大切に思うものや余暇の過ごし方、娯楽の成立過程などの心理調査を行うのが目的だという。島にはかつて大学の保養施設があったが、現在は使われておらず、今回はその施設に寝泊りしてイベントが行われる。
食事や寝具、洗面用具などの生活必需品は全て揃っていて、交通費は主催者もち、さらにリタイヤは自由だし、リタイヤした場合は1万円、最後まで参加した場合は5万円が謝礼として支払われる。
この一見あやしげだが、魅力的なイベントに櫻藍女子学院高校ミステリイ研究会のミリアとユカ、それに特別顧問の石崎幸二も参加することになった。

ほかの参加者は櫻藍女子学院高校読書研究会の生徒2名と顧問、同じく櫻藍女子学院高校犯罪心理研究会の生徒2名と顧問、城陽大学格闘技同好会の部員3名、不登校の女子高生1名の計10名で、ミステリイ研とあわせて13名。
うち9名が櫻藍女子学院高校の生徒と顧問というのが気になったが、これは主催者が櫻藍女子学院高校出身だという説明であった。その主催者は城陽大学の精神科講師結城あかね、助手の日向めぐみの2名であった。
施設は古いながらもキチンとしており、食料もふんだんにあったが、なにか様子がチグハグなのだ。無人島イベントなのにエアコンは完備し、シャワーもあった。食料はコンビニの弁当やインスタントが中心だったが、そのくせ電子レンジはない。
そうこうするうちに、持ち込んだ荷物がなくなったり、毀されたりする。パソコンはジュースを掛けられて使い物にならなくさせられ、携帯電話やCDは盗まれた。
そして、不登校の女子高生須藤まみの行方がわからなくなった。狭い無人島だが、夜のために満足な捜索もできず、翌朝を迎えた。
すると、今度は日向めぐみが失踪した。手分けしてまみとめぐみの捜索が行われたが、島のどこからも発見されず、足取りすらわからなかった。参加者の間にいやな雰囲気が漂い始め、そしてついに殺人事件が起きた…

島田荘司と新本格作家のメインページにもどる
Mystery Collection Mainへもどる


Last modified -