岡田鯱彦(日1907〜1993)
1907年(明治40年)東京生まれ、戦後1949年(昭和24年)から1971年(昭和46年)まで東京学芸大学教授を勤め、その傍ら推理小説を執筆。
1949年(昭和24年)、雑誌宝石の懸賞募集に応募した「妖鬼の呪言」が一席に入選して、別冊宝石に掲載された。また同じ年にロック誌の懸賞募集に応募した「噴火口上の殺人」も一席に入選した。
代表作「薫大将と匂の宮」は翌50年(昭和25年)に宝石に一挙掲載された。1960年(昭和35年)ごろまでは作品を発表していたが、以後は発表作が少なくなった。
鯱彦というペンネームは名古屋陸軍幼年学校教官当時、毎日見ていた名古屋城の金の鯱の印象がとても強く、それをペンネームにしたという。

薫大将と匂の宮…平安朝を舞台に二人の貴公子を巡る殺人事件を紫式部の語りで描く異色作。
樹海の殺人…富士の裾野に広がる樹海の中に建つ研究所で起こる連続殺人。
岡田鯱彦傑作選…河出文庫より本格ミステリコレクションと題して、入手困難な探偵小説を中心に編集した傑作選。


Mystery Collection Mainにもどる
The Road Site Main Pageにもどる

Last modified -