栗本薫(日1953〜2009)
東京都葛飾区に生まれ、昭和50年(1975年)に早稲田大学を卒業、翌昭和51年(1976年)評論「パロディの起源と進化」でデビューした。同年「都筑道夫の生活と推理」で第2回幻影城新人賞評論部門佳作を受賞。
昭和53年(1978年)に「ぼくらの時代」で第24回江戸川乱歩賞を史上最年少(当時)で受賞して脚光を浴びた。ミステリをはじめ評論、SF、ホラー、ファンタジー、時代小説までその創作活動は幅広く、また多作でもある。評論は中島梓名で執筆、小説は栗本薫名である。
音楽(洋楽、邦楽)、着物、和歌などに造詣が深く、テレビのクイズ番組にレギュラー出演するなど多才であったが、平成21年(2009年)に病没した。

ぼくらの時代…「ぼくら」シリーズ第1作にして、第24回江戸川乱歩賞受賞作。
ぼくらの気持…「ぼくら」シリーズ第2作。売れっ子の少女マンガ家を殺したのは…
ぼくらの世界…「ぼくら」シリーズ最終作。主人公栗本薫はミステリで賞を受賞したのだが…
絃の聖域…伊集院大介初登場作品。長唄の家元家での連続殺人事件。
優しい密室…名門女子校に教育実習で来た伊集院大介を待っていたのは…
グルメを料理する十の方法…グルメたちの世界に起きた連続殺人事件を追う、大食漢の女性2人。
伊集院大介の冒険…伊集院大介の短篇集。「殺された幽霊」ほか全7篇。
伊集院大介の私生活…伊集院大介の短篇集。表題作「伊集院大介の私生活」ほか全6篇。

Mystery Collection Mainにもどる
The Road Site Main Pageにもどる

Last modified -