ジョン・ロード(米、1884〜1964)
ジョン・ロードは経歴のわからない作家のひとりで、1884年に生まれ、陸軍少佐であり、ディテクション・クラブのメンバーであることぐらいしかわからない。1916年ごろから著作はあるが、ミステリデビューは1924年で、それ以後マイルズ・バートン名義のものを含めて140篇以上のミステリを執筆した。
ロードは欧米では長らく不遇の作家であった。これらの多数の長篇は、一部の評論家からつまらない、退屈だと評されて顧みられなくなったが、近年再評価の流れが作られた。我が国でも翻訳はほとんどされず、名前すら一般的ではなかったが、代表作とされる「見えない凶器」や「プレード街の殺人」「ハーレー街の死」などが翻訳出版されている。

見えない凶器…ジョン・ロードの代表作と多くの人々が推す密室もの。

Mystery Collection Mainにもどる
The Road Site Main Pageにもどる

Last modified -