死者はよみがえる
To Wake the Dead 1938

ギリギリでフェアなのか、やはりアンフェアかが問題となる作品。

南アフリカのビール会社社長の息子であり、作家でもあるクリストファー・ケントは、実業家であり政治家でもある友人ダン・リーパーと賭けをした。
その賭けとは南アフリカのヨハネスブルグからロンドンまで、無銭かつ自分の正体を明かさずに旅行することだった。与えられた期間は10週間、ロンドン到達の期限は2月1日で、その日にロンドンのロイヤル・スカーレット・ホテルで賭けをした友人と会うことにしていた。
貨物船の人夫をしてその前日1月31日の朝に何とかロンドンに到着したケントは、空腹を抱えてロイヤル・スカーレット・ホテルの近くの路上を歩いていると、ホテルの朝食券が落ちていた。
ケントはただの朝食の誘惑に勝てずに朝食券を拾うとホテルに入り、券に書かれた707号室の宿泊客を装って無銭飲食を始めた。朝食も終る頃にホテルのボーイがケントのところにやって来た。

ケントは一瞬無銭飲食が発覚したのかと身構えたのだが、ボーイは前日に707号室に泊まった宿泊客の忘れ物が部屋にあるはずなので調べてほしいのだと言ってきた。
前日の客は女性で、腕輪を化粧ダンスの引き出しに入れ忘れたままチェックアウトしてしまったと連絡してきたというのだ。しかも部屋のドアには「静かに」と書かれた札が下がり、夫人が寝ているはずなので夫であるケントに捜索を依頼した。
もちろんケントは707号室の客ではなく、誰が寝ているのかさえ知らないのだが、逃げ出すわけにもいかずにボーイとともに707号室に向かうはめになってしまった。
707号室の前までくると鍵を忘れたふりをして、ボーイにマスターキーで鍵を開けさせて中に入った。そのときに「静かに」と書かれた札を見たが、札には赤インクで女の死体と添えるように書き込みがあった。
いやな予感がしたが、ケントは札を素早く裏返して、ボーイの目に女の死体という文字が入らないようにした。だが、ケントが室内で見たものは札の予告通り顔をつぶされた女性の死体だった。

女は部屋の中に立てた大きなトランクに半ば頭を突っ込んで死んでいた。ケントは事件に巻き込まれることを恐れ、別のドアから出てホテルを抜出し知り合いのフェル博士の家に駆け込んだ。
そこにはハドリー警視も来ておりケントの話を聞いたが、すでにハドリーのもとにはロイヤル・スカーレット・ホテルで死体が発見されたとの一報が入っていた。
さっそくフェル博士とハドリー、それにケントはロイヤル・スカーレット・ホテルに向かった。ホテルの部屋では検死が行われていたが、ケントが先ほど発見したときとは死体の位置が違っていた。ホテルのボーイが死体を発見したときには今の位置にあったという。
ボーイはケントがなかなか707号室から出てこないので、鍵を開けて入りそこで死体を見つけたのだが、それはケントが707号室を脱出してから、わずか2分程度しか経っていなかった。
ケントとボーイの言うことが本当だとすれば、その2分間の間に誰かが707号室に入り死体を動かしたことになる。そして死体となっていた女はケントのいとこロドニーの妻ジョゼフィンだった。
さらに2週間ほど前にロドニーもケント州にある引退した政治家ジャイルズ・ゲイ卿の邸に滞在中に絞殺されていた。事件は連続性のあるものと考えられたが…
上の文ではわかりにくいかも知れませんが、ホテルの宿泊客になり済まして無銭飲食を企てたケントが、前の客の忘れ物のせいで泊まっているはずの部屋に入るはめになり、そこで死体に出くわすという、いかにもカーの好みそうな発端。
予想される展開は、ケントが犯人と疑われるか、あるいは犯人と疑われることを恐れて逃げだしてより窮地に陥るかという2つで、前者ならシリアスな作品、後者ならコミカルな作品というのがカーの定番なのだが、本作品はどちらでもない。
ケントはホテルを逃げ出しいきなりフェル博士のもとに駆け込み、あっさりと容疑者から外れるどころか参考人でもなくなるのだ。
2週間前にも事件があって、その事件のときにはケントは大西洋上にいたというのが容疑者からケントを外す最大の理由なのだが、これには唖然としてしまう。事件の連続性などまったく検討されていないのだ。
あまりにご都合主義だし、第一ホテルでの無銭飲食の場面などない方がむしろすっきりするのに、何度読んでも不思議な導入部だ。

本作品はこの導入部が象徴するように、不必要な部分が多く、謎のために謎(たとえばホテルの制服の話)を無理やり作り出しているようなところも多くて、カーに不慣れな人間が読むと何が何やらよくわからない迷作ということになろう。
実際カーの狙いは意外な犯人で、そのための伏線としてみれば納得できないこともないのだが、伏線自体も中途半端の感は否めず、副次的な部分もアンフェア気味で本格ミステリとしては問題ありとしないわけにはいかないだろう。ただカーの作品とあれば、そのなんとなく許せてしまうところがこの作家の徳。
思い出を一つ、本作品は創元推理文庫では「死者はよみがえる」だが、HPBでは「死人を起す」という何ともすさまじい邦題が付けられており、そのHPB版が我が家の本棚に鎮座していた。
ほかにもHPBは何冊かあり、母親が勤めていた当時に読んだものだったのが、小学生のころにその題名を見て恐怖した記憶がある。
ほかのHPBは題名すら思い出せないのだが、「死人を起す」だけは今もしっかり焼きついており、それだけ強烈な印象を与える題名なのだろう。

ここから先はネタバレです。そのため背景色と同色で記述してあります。 お読みになりたい方は、カーソルで反転させてお読みください。
留置場に収監されている人物が犯人で、確かに意外性はある。留置場を設計したのがその男の父親で、留置場に秘密の通路を作っていて、その通路を使って犯人は出入りし犯行に及ぶという、これはほかの作家なら噴飯もののトリックなのだが、先にも書いたようにカーだとなんとなく許せてしまう。
しかも留置場を抜け出したのはいいが着るものがなく、そのために警官の制服を着用し、それが犯行現場のホテルのボーイの制服とそっくりで、ってそんなのわかるわけないでしょう。
いずれにしろ迷作、怪作の部類だと思ってあまり気を入れて読まないようにした方が精神的に楽。

John Dickson Carrのメインページにもどる
Mystery Collection Mainへもどる


Last modified -