絞首台の謎
The Lost Gallows 1931

カーの第2作でバンコランものだが、舞台はロンドンで怪奇色が強い作品。

夜霧がたちこめるロンドンの街中を走る一台のリムジン。そのリムジンは信号などお構いなしに突っ走り、ヘイマーケット劇場から出てきたばかりのバンコランやジェフ・マール、元スコットランドヤード副総監のジョン・ランダーボーン卿とその友人ジョージ・ドーリングスなどを危うく跳ね飛ばしそうにして走っていった。
その際にチラッと運転席を見たバンコランは、マールやランダーボーン卿を急かして、後続のタクシーでリムジンのあとを追った。そのリムジンは相変わらず夜霧の中を無謀な運転で走り、ランダーボーン卿が住居にしているブリムストン・クラブの前で停まった。
クラブのドアマンがリムジンのドアを開けると、ハンドルを握っていたのは喉を掻き切られ死体となった黒人の運転手だった。そのほかには誰の姿も見えず、リムジンは死体となった運転主が運転してきたのだった。

そのリムジンはブリムストン・クラブに滞在するエジプト人ネザム・エル・ムルクのもので、ネザムは7時過ぎにこのリムジンに乗ってクラブを出ていた。
リムジンの後部座席にはネザムのステッキや手袋が置かれ、花屋で買ったらしい蘭が入った箱も置いてあった。ネザムがこの車に乗っていたのは間違いないが、どこかで降りたらしく、その行方はわからなかった。
ネザムのところには、ここ数日いろいろなものが郵送されてきたり、ネザムの部屋の中に誰知らず置かれたりしていた。それは、絞首台の模型や決闘用のピストルの模型、小さな木彫りの人形や骨壷など不吉なものばかりだった。
これら不吉なものとネザムの行方不明とはどんな関係があるのだろうか?そして、いったいネザムはどこに行ってしまったのだろうか?

やがてネザムの関係した過去の事件が明らかになった。10年ほど前にネザムは女を巡る2人の男、ピエール・ド・ラヴァチュールとJ・L・キーンの決闘の仲立ちをした。
決闘の結果、ラヴァチュールは頭を拳銃で撃ち抜かれて死に、キーンは首を吊って自殺した。そして2人の決闘の原因となった女コレット・ラヴェルヌはネザムの情婦となった。
そして1年ほど前からネザムの元には17世紀の有名な絞刑吏ジャック・ケッチを名乗る不吉な手紙が来るようになり、命を狙われていた。そして警告はどんどんエスカレートし、最近は不吉なものが立て続けにネザムのもとに現われたり送られてきたりするようになっていたというわけだった。
すると、ネザムはジャック・ケッチを名乗る犯人に誘拐され絞首刑にされてしまうのだろうか。バンコランとジェフはランダーボーン卿とともにネザムの発見に全力を尽くすが…
デビュー作である前作「夜歩く」での人狼伝説に引き続き、第2作の本書「絞首台の謎」では17世紀の絞刑吏ジャック・ケッチが甦り、絞首台の模型でネザム・エル・ムルクなるエジプト人を脅し、さらにネザムを連れ去った後で、ネザムの車を死体が運転するという怪奇色溢れる仕立てになっている。
冒頭、夜霧のロンドンの街中を喉を切られた死体が車を運転する場面など、怪奇色はかなり強いものの、その謎が解かれて見ると拍子抜けだ。
犯人の意外性もあるにはあるが途中でわかってしまうし、トリックも禁じ手を使うなどたいしたことはない。むしろバンコランの冷厳さが随所に描かれた作品だろう。ラストの場面などバンコランの冷厳は恐ろしいほどだ。

二階堂黎人は本作品をD級つまり面白みにはやや欠ける作品とし、一方世界的な不可能犯罪小説の収集家ロバート・エイディは、死者がいかにして車を運転することができたのかという謎に対する巧妙なバリエーションが扱われた佳作としている。
だが本作品を佳作とするには難があろう。第一にはトリックがあまりにもちゃちであり、第二に死者の2人は運転手と見張りの警官で殺されなければいけないわけはあるのだが、メインの被害者ではなく、第三に個人的だが釈然としないラストの場面、第四に登場人物があまりに雑に描かれすぎている。
登場人物の描き方がある程度雑なのはカーの特徴でもあるのだが、本作品ではあまりに酷い。まったく頭の中で造形ができないのだ。申し訳ないがワーストクラスの作品のひとつだろう。

ここから先はネタバレです。そのため背景色と同色で記述してあります。 お読みになりたい方は、カーソルで反転させてお読みください。
いかにして死者が車を運転したかといいますと、小人のテディという少し頭の弱いクラブのボーイが犯人に買収されて、死者の足元に座って運転したというだけ。小人なのでほとんど隠れてしまい、おまけに霧がカムフラージュになったというわけ。
密室の謎もあるにはあるが天井に隠し扉があったという酷いもの。さすがにメイントリックにはできず、いくつかの謎のひとつという扱いになっている。そして意外な犯人はジョン・ランダーボーン卿だが、これもなんだかなぁ…だって他に犯人候補っていないんですけど。
本当の真犯人はネザムと言いたいのかもしれないが、もしそうなら個人的にはラストでネザムを死なせない方がいいように思う。

John Dickson Carrのメインページにもどる
Mystery Collection Mainへもどる


Last modified -