1977年6月号
目次
藤村正太追悼特集
黄色の輪 藤村正太
人と作品・乱歩賞作家きっての多彩な実力派・藤村正太 山村正夫
追討
最後の会話 鮎川哲也
心残りのことなど…… 稲見茂久
キコエマスカ、藤村さん 土屋隆夫
律儀な散歩者 中島河太郎

乱歩賞作家書下し中篇
朝に散る 日下圭介
幻影城推薦新人
一流保険 竹谷正

連載本格探偵小説
匣の中の失楽 竹本健治

連作
毒だぁ・すとっぷ 筑波孔一郎
火の山に跳ねろ灰兎・後篇 新羽精之

評論・研究
続・書かでもの記・8 横溝正史
メトロポリス(上)・幻影館6 紀田順一郎
探偵作家風土記・九州篇 玉井一二三
カミとピエル・ボワロー・フランス探偵小説史の内 松村喜雄
「悪魔の手毬唄」と「車井戸は何故軋る」鑑賞 金田一郎
ミステリ館への誘い・新刊紹介 二上洋一
春宵に友情を暖めて 高村信太郎
 
朝に散る
日下圭介
不動産会社社長仁藤隆三郎の死体は、北鎌倉の屋敷の庭で発見された。直接の死因はネクタイで首を絞められたことだが、死体には何かで後頭部を殴られた痕があり、気絶させられた上で絞殺されたものと考えられた。
前日に仁藤の屋敷では麻雀会が開かれ、そこには愛人の小泉貴子、貴子の弟で仁藤の部下の小泉久、同じく仁藤の部下の三輪田康平、それに仁藤の甥で秀村茂の4人が集まっていた。このうち秀村は表向きは仁藤の甥とされているが、実際は仁藤の子供であることは公然の秘密さった。
その麻雀会の席上、仁藤が手に入れた高価な切手が紛失していた。状況からいって出席した4人のうちの誰かが盗んだと思われたが、身体検査をしても出てこなかった。その切手が仁藤の死体の上に乗っていたのだった。
仁藤は麻雀会の後、貴子とともに残っていたことがわかっている。貴子によれば仁藤とともに、千葉県柏にある貴子のアパートに行き、深夜に仁藤は帰ったということだった。仁藤が屋敷に着いた推定時刻は朝4時半。それから死体が発見された6時までの間に殺されたことになるのだが…

火の山に跳ねろ灰兎(後篇)
新羽精之
著名な探偵伊集院周作は助手の隼人次郎とともに鹿児島に赴いた。むろん事件を知って興味を覚えたためだった。旧知の東郷警視から事件の概要を聞いた伊集院たちは、事件の鍵は多加良島にありとして船で渡った。
そのころ多加良島では、アマミノクロウサギが発見されたとの情報があった。発見者は島の中学生栗源章といい、クロウサギを生け捕っていた。この報は奥津にも伝わっており、奥津も興味を示していたという。
ところが栗源少年はガス爆発事故で死んでしまった。それもガスのホースをクロウサギが齧って破損し、そこから噴き出したガスに湯沸し器の種火が引火したというのだ。
この話を聞いた伊集院たちは栗源少年の死が事故かどうか疑いを持った。どうも事件の中心にはアマミノクロウサギ発見の報があるような気がしてしょうがないのだった。

毒だぁ・すとっぷ
筑波孔一郎
高級住宅街にある評論家成松洋三の家を訪ねたくさや刑事こと横松部長刑事と真柄刑事の2人。2人は応接間に通されたが、そこには先客の永津里枝という女が、やはり成松を待っていた。やがて成松夫人の淑子がアイスミルクコーヒーを3つ運んできた。
その直後に成松家の飼い猫が異常な様子で駆け込んできて、壁にぶつかったかとおもうと、そのままぐったりとなった。猫は死んだようだ。刑事も淑子もその様を唖然として見ていると、今度は里枝が突然倒れて苦しみもがいて息絶えた。
里枝も猫も青酸による毒死だった。猫は青酸を塗りつけられた焼き魚をなめ、里枝はアイスミルクコーヒーに混入された青酸で死んだ。それも刑事2人の目の前でだ…

一流保険
竹谷正
プロ野球を代表する捕手の小川のもとに現れたのは大阪明と名乗る男。大阪は小川が所属する球団のオーナーの紹介で、その名刺には一流保険勧誘員とあった。
いぶかしがる小川に大阪はビジネスの説明を始めた。一流の人物とのみ契約し、契約期間中は一流の地位を保証するというのだ。契約金は300万円。高いという小川に、大阪は小川と小川の妻の財政状態を克明に説明して契約を迫った。大阪の情報は完璧に近く、小川以上に小川家の財政に詳しいくらいだった。そして小川は契約に踏み切った。

黄色の輪
藤村正太
日本特殊寒天株式会社重役の植村慎太郎氏宛に、不思議な小包が来るようになった。最初は羽子板に使う羽根、次が苗札、3番目が押麦、4番目は1本のピースで、それぞれ黄色い千代紙を輪にしたものが添えられていた。
そんなとき散歩に出た植村氏は、前を行く青年がポケットから黄色の輪を落としたのを見かけた。その輪は謎の小包で送られて来たのと同じものだった。
植村氏はその青年の後を付けると、青年は途中の石垣のところで立ち止まってゴソゴソやっていたかと思うと急に駆け出し、姿をくらました。追跡に失敗した植村氏が石垣のところに戻ろうとすると、今度は植村氏の妻の美也子が石垣のところでゴソゴソやっていた。
美也子が立ち去るのを待って石垣の隙間を除いた植村氏は、そこに赤い千代紙が隠すように入れらrてているのを発見した。美也子と青年は密通しているのではないか、と植村氏は考えた。
植村氏は、ひと月前に愛娘の都留子を失っていた。避暑地のC湖畔にいた都留子は眺望台の崖上から滑り落ちて、不慮の死を遂げたのだった。それ以来陰鬱としていた植村氏だが、都留子の35日も済まないのに黄色の輪が立て続けに送られて来たのだ。
そしてさらに植村氏には不幸が続いた。今度は偽電報でおびき出された植村氏の留守中に、宝石類が盗めれてしまったのだった。


専門誌ゆえの悲しさと表現されているが、採算面からだろう今号から36ページの大幅減ページで228ページ建て。作品1〜2本が削られた感情で、見た目も薄くなった。今号では前号に予告されていた連続企画・探偵小説55年を考えるの多々羅四郎「臨海荘事件・前篇」が休載で次号回しとなった。
この年の3月15日に急逝した乱歩賞作家の藤村正太追悼として、処女作の「黄色の輪」を掲載し、山村正夫の解説、鮎川・土屋の両巨頭をはじめとする追討エッセーで特集を構成。

幻影城の世界のメインページにもどる
Mystery Collection Mainへもどる


Last modified -