エラリー・クイーン
今やエラリー・クイーンが、フレデリック・ダネイ(1905〜1982)とマンフレッド・B・リー(1905〜1971)の従弟同士の合作ペンネームだということを知らない人は、そう多くないでしょう。同年生まれの二人は幼少期から仲がよく、社会に出てからもよく会って付き合いを続け、ミステリーの合作を考え出し、その第一作「ローマ帽子の謎」が書かれたのは1928年、翌1929年にストークス社から出版された。
ペンネームと同じ青年探偵エラリー・クイーンが活躍する作品で、以後「フランス白粉の謎」「オランダ靴の謎」と発表され、国名シリーズとして人気を博した。国名シリーズは、質の高いパズラーであり、エラリー・クイーンが論理的に事件を解き明かす過程は、ぞくぞくするほどの魅力となっている。
さらに同シリーズを有名にしているのは「読者への挑戦」で、これはフェアプレイを旨とした作者が、事件の手がかりは全て与えられた、犯人を当ててみよと読者に堂々と挑戦するもので、異色作「シャム双子の謎」を除き国名シリーズ全てに付されている。
国名シリーズ後は、架空都市ライツヴィルで死苦悩する探偵を描いたライツヴィルシリーズなどがあるが、一部を除いて力は確実に落ち、後期作品の評価は国名シリーズほど高くはない。
また、バーナビー・ロス名義で「Xの悲劇」以下の悲劇四部作を国名シリーズと並行して発表し、高い評価を得ている。バーナビー・ロスは発表当時は別の作家と思わせていたが、現在ではエラリー・クイーン名義になっている。悲劇四部作の探偵は引退したシュークスピア俳優のドルリー・レーン。
また、現在でも続いている雑誌エラリ−・クイーンズ・ミステリ・マガジン(EQMM)を創刊し埋もれていた名作や新人を発掘したり、「黄金の十二」など質の高いアンソロジーを編纂したりして多大なる功績を残した。
エラリー・クイーンの表記についてはエラリイとしている作品もありますが、このページではエラリーに統一します。

長篇

ローマ帽子の謎再読改訂しました。クイーンのデビュー作。国名シリーズでの評価は必ずしも高くはないが、水準以上の作品。
フランス白粉の謎再読改訂しました。フレンチデパートで突然死体が転がり出た。前作「ローマ帽子」より複雑、巧妙に。
オランダ靴の謎再読改訂しました。オランダ記念病院での老婦人殺人事件。読んでうなること間違いなしの大傑作。
ギリシャ棺の謎再読改訂しました。クイーン最大の長篇で大学を卒業したばかりの頃のエラリーの活躍。
エジプト十字架の謎再読改訂しました。クイーン絶頂期の傑作。しかしここまで複雑だと、読者への挑戦での敗北は必至。
アメリカ銃の謎再読改訂しました。ニューヨークの真ん中で開かれたロデオでの殺人。
シャム双子の謎再読改訂しました。国名シリーズの異色作。閉ざされた山荘とダイイングメッセージを中心にした作品。
チャイナ橙の謎再読改訂しました。殺された男の着衣を始め、部屋の中のものは全て逆さまだった。
スペイン岬の謎再読改訂しました。休暇でスペイン岬を訪れたエラリーを迎えたのは裸の男の死体。
中途の家再読改訂しました。ニューヨークとフィラデルフィアの中間の家で殺された男の謎。
ニッポン樫鳥の謎再読改訂しました。日本で教鞭をとった日本びいきの小説家の死体が密室の中で発見された。
悪魔の報酬再読改訂しました。次作「ハートの4」とともにハリウッドでの事件に挑むエラリー・クイーン。
ハートの4再読改訂しました。前作「悪魔の報酬」とともにハリウッドでの事件に挑むエラリー・クイーン。
ドラゴンの歯再読改訂しました。ニューヨークで相棒とともに探偵事務所を開いたエラリーのもとに億万長者の依頼人がやってきた。
災厄の町再読改訂しました。架空都市ライツヴィルものの第一作で、クイーン中期の傑作。
靴に棲む老婆再読改訂しました。ニューヨークの靴の屋敷に住む老婆と6人の子供達の物語。
フォックス家の殺人再読改訂しました。なつかしのライツヴィルへ向かったエラリーの目的は、12年前に起きたの殺人事件の再調査だった。
十日間の不思議再読改訂しました。ライツヴィルシリーズ第3作。旧友の頼みでライツヴィルに向かったエラリーだが…
九尾の猫再読改訂しました。マンハッタンで起こる連続無差別殺人事件。正体不明の犯人を世間は猫と呼んだ。
ダブル・ダブル再読改訂しました。ライツヴィルで起こる童謡殺人事件に挑むエラリー。
悪の起源再読改訂しました。小説執筆のために久しぶりにハリウッドにやって来たエラリーだったが…
帝王死す再読改訂しました。飛び切りの不可能犯罪を、閉ざされた環境の島を舞台に描く異色作品。
緋文字…ホーソーンの同名小説にちなむ作品。
ガラスの村…このころ吹き荒れたマッカーシズム(赤狩り)を批判した作品。
クイーン警視自身の事件…エラリー未登場で主役は題名どおりクイーン元警視。
最後の一撃…事件が起きたのは1929年、そしてエラリーが事件を解いたのは27年後であった。
盤面の敵…前作から4年間のブランク。途中まではクイーンらしいペースなのだが…
第八の日…砂漠の中で世間から隔絶されて暮らす人々の間で起きた殺人事件。

ロス名義悲劇4部作
Xの悲劇再読改訂しました。バーナビー・ロス名義の第一作。クイーン全作中一、二を争う傑作。
Yの悲劇再読改訂しました。バーナビー・ロス名義の第二作。Xの悲劇に並び称される名作。
Zの悲劇再読改訂しました。バーナビー・ロス名義の第三作。Yの悲劇から10年ほどたって起こった事件。
レーン最後の事件再読改訂しました。バーナビー・ロス名義の最終作は、シェークスピアを巡るドルリー・レーンの最後の事件。

短篇集
エラリー・クイーンの冒険再読改訂しました。エラリーの活躍する短篇10篇で構成。
エラリー・クイーンの新冒険再読改訂しました。傑作中篇「神の灯」と8短篇で構成。
犯罪カレンダー<1月〜6月>再読改訂しました。ラジオ版エラリー・クイーンの冒険のシナリオを小説化したもの。
犯罪カレンダー<7月〜12月>再読改訂しました。ラジオ版エラリー・クイーンの冒険のシナリオを小説化したもの。
エラリー・クイーンの事件簿1…映画の脚本として書かれたものを小説化した2編を収録。
エラリー・クイーンの事件簿2…映画とラジオドラマの脚本として書かれたものを小説化した3編を収録。
クイーンのフルハウス…3篇の中篇と2篇のショート・ショートで構成される作品。

Mystery Collection Mainにもどる
The Road Site Main Pageにもどる

Last modified -