イーデン・フィルポッツ(英、1862〜1960)
フィルポッツは、もともと田園小説や戯曲、詩などで有名な作家であり、推理小説に手を染めたのは50歳を過ぎてからであった。
文壇で高名な作家が、晩年に興味を持っていた推理小説を書き始めたということになる。こういうケースでは1作か2作だけで終わってしまうという場合が多いのだが、フィルポッツの場合は意欲的に作品を発表し、ハリントン・ヘキストという別名でも創作している。
我が国では比較的早い時期から「赤毛のレドメイン家」が紹介され、有名になった。特に江戸川乱歩が「赤毛のレドメイン家」を絶賛し、ベストミステリに挙げたことが影響しているのは間違いない。もっとも「赤毛のレドメイン家」以外の作品はあまり紹介されておらず、絶版作品も多い。
このように我が国では名前を知られているフィルポッツであるが、英米での評価は高くない。その理由は恋愛など関係のない描写に多くが費やされ結果文章が冗長であり、プロットは陳腐であり、トリックとは呼べないようなトリックで犯罪を構成しており、初めて読んだ推理小説がフィルポッツの作品であれば、その読者は一辺で推理小説嫌いになるだろうとまで酷評されているらしい。

赤毛のレドメイン家…江戸川乱歩が絶賛したフィルポッツの代表作。
灰色の部屋…フィルポッツが書いたミステリの第1作。
闇からの声…本格? サスペンス? スリラー? それとも…


Mystery Collection Mainにもどる
The Road Site Main Pageにもどる

Last modified -