クレイトン・ロースン(米、1906〜1971)
ロースンの作品のシリーズ探偵は「世に不可能なことなし」として舞台に立ち、世界中を興行して成功を収め、奇術師引退後は「魔術の店 奇跡売ります」の看板を掲げて、A・マーリニ商会というマジシャン向けショップのオーナー、グレート・マーリニである。
ロースン自身もアマチュアの奇術師であるが、その腕は相当だったらしく、トリックを考案したり舞台にも何度も立っていたようである。
作家としての活動期間が短いために作品数は多くはないが、EQMMの編集長を務めたり、アメリカ探偵作家クラブ(MWA)の創設にも功労があった。現在は新たに国書刊行会から出版された「天井の足跡」以外は簡単に入手できない。

帽子から飛び出した死…デビュー作にして代表作。
天井の足跡…ニューヨークのイーストリヴァーに浮かぶスケルトン島での怪事件。
棺のない死体…ミステリとしては?


Mystery Collection Mainにもどる
The Road Site Main Pageにもどる

Last modified -