EPISODE15
溶ける糸
A STITCH IN CRIME
Guest Stars
LEONARD NIMOY
ANNE FRANCIS
NITA TALBOT
Special Guest Star
WILL GEER
ON AIR Feb 11.1973(USA) Oct 28.1973(JPN)
スタッフ
監督…ハイ・アヴァバック
製作…ディーン・ハーグローブ
共同製作…エドワード・K・ドッズ
脚本…シャール・ヘンドリックス
音楽…ビリー・ゴールデンバーグ
撮影…ハリー・ウォルフ
美術…アーチ・ベーコン
編集…ロバート・L・キンブル
キャスト
ヴァリー・メイフィールド…レナード・ニモイ
シャロン・マーティン…アン・フランシス
マーシャ…ニタ・タルボット
ハイデマン博士…ウィル・ギア
ハリー・アレキザンダー…ジェイルド・マーティン

警察官や探偵を別にすれば、ミステリーに最も縁がある職業は医者ではないだろうか。恐らくミステリーの犯人役としてもオーソドックスで、犯人役ベストスリーに必ず入る職業だと思う。
刑事コロンボでも精神科医が2人(殺人処方箋、5時30分の目撃者)殺人者となっているが、もう1人バリー・メイフィールドなる有能な外科医も犯人に名を連ねている。 その作品が本作「溶ける糸」
有能な外科医メイフィールドは更なる名声を求めて研究成果を一日でも早く世に出したかった。ところが共同研究者であり、心臓病の権威ハイデマン博士はまだ早いと発表を許さない。 そんなおりハイデマンが心臓病で入院することになり、野心家メイフィールドにチャンスが訪れた。
ここでハイデマンが死んでくれたら、というわけで病死に見せかけて殺そうとするのだが、医者としては一流でも殺人者としては?で、本命は死なずに回りの人間ばかりを殺さなければならなくなって・・・
ミステリームービーとしては傑作の一つで、難を言えば第二の殺人で被害者が死ぬのはかなり偶然に頼る感があり、この犯人の性格から言うともう少し方法があったような…
犯人はミスタースポックでお馴染みのレナード・ニモイ。スパイ大作戦でマーティン・ランドーの後の変装の名人(役名はパリス)を演じるが、マーティン・ランドーもこの後すぐに「二つの顔」で犯人の仲間入り。
STORY
けたたましくサイレンを鳴らして街中を走る救急車。搬送されているのは国内でもトップクラスの心臓病の権威ハイデマン博士で、博士は大動脈瘤の障害で倒れたが、意識もしっかりしていてしきりに大丈夫だと繰り返していた。
医者の不養生で手術を一日伸ばしにしてきたが、病院に着くと博士を慕う看護婦のシャロン・マーティンや博士と共同で研究を行っている医師バリー・メーフィールドらは半ば強制的に手術を勧めた。 ハイデマン博士もしぶしぶながら同意し、即日メイフィールドの執刀で手術することになった。
だがシャロンとメイフィールドの手術への思いは正反対だった。シャロンは尊敬し敬愛するハイデマン博士の健康を純粋に願っていたが、メイフィールドは世間に名を売る機会を逸してしまう恐れがあるほど研究の発表に慎重な姿勢をとるハイデマン博士を亡き者にして、現在の研究成果を一日も早く世に出し名声を得たいと考えていた。
シャロンはメイフィールドの野心的な性格を知っていて普段から嫌っており、執刀がメイフィールドと決まるとハイデマン博士に忠告した。しかしハイデマン博士はメイフィールドの腕の確かさをしっていて、安心するようにシャロンを諭した。

手術は表面上は無事に終わった。手術中メイフィールドを意識したシャロンだったが、無事に終わるとほっとしてメイフィールドと笑みを浮かべて話すほどだった。
しかし、それもつかの間で床に落ちていた心臓の弁を縫い合わせた糸の切れ端を手に取ったシャロンは、不審な表情をし疑惑を抱いたようだった。それを手を洗いながら鏡越しに見ていたメイフィールドは、冷静な表情を崩さなかったが内心では緊張していた。
心臓の弁を縫い合わせるのは、永久に残るパーマネントの糸を使わなければならないが、今回の手術でメイフィールドは溶ける糸を使ったのだ。
数日すると弁を縫い合わせた糸は体内で溶け、弁が分離してハイデマン博士は死亡するが、死亡原因は心臓発作とされるはずだった。
溶ける糸とパーマネントの糸は色の違いで区別されるが、メイフィールドは糸を染め直して、溶ける糸をパーマネントの糸に見せかけたのだ。
ところがシャロンは糸の切れ端を手にとって、材質の違いから溶ける糸ではないかとの不審を抱いたようだった。 シャロンは糸を持ってどこかに電話をかけていた。メイフィールドがそこに来あわせると電話を切り、不審を口にした。メイフィールドはそれなら糸を調べるがいいと開き直った口調で答えその場を去った。

帰り支度を終え、糸をバックに入れて駐車場で自分の車に乗り込もうとするシャロンに、駐車場の暗がりからメイフィールドが現れた。メイフィールドの殺気に、目を大きく見開き身動きできなくなったシャロンに、メイフィールドはバールをふりおろして撲殺し、バックから糸を奪った。
翌朝は早くから警察もメイフィールドも忙しかった。コロンボを始め警察は現場検証で忙しく、メイフィールドも方はシャロンの部屋へ小細工をしなければならなかった。
シャロンの住むマンションの外に停めた車の中で、シャロンのルームメートのマーシャが出勤するのを見届けたメイフィールドは、昨夜奪ったキーでシャロンの部屋に忍び込む。
室内を荒らし、洗面台の下にモルヒネを隠す。シャロンがボランティアで麻薬中毒患者の更正に力を入れているのを知っているメイフィールドは、シャロンが裏では麻薬を横流ししていて、その取引のもつれから殺されたと警察に思わせる事にしたのだった。
標的も決まっていた。麻薬中毒だったが現在は更正し動物公園で働くハリー・アレギザンダーが、再び麻薬に手を出したことにする計画だった。メイフィールドは以前にシャロンがハリーを連れて病院に来たときに会ってたことがあった。

細工を終えて病院に出勤したメイフィールドのもとにコロンボがやってきた。コロンボはシャロンが殺されたことを聞いても冷静なメイフィールドに疑惑を抱く。
例によってコロンボの捜査が始まるが、コロンボが気にかけたのはシャロンが死の直前に書いた電話のメモだった。それにはMACと書かれていた。MACつまりマックを捜すが一向に光明は見えない。
そのうちに家宅捜索したシャ ロンの部屋からモルヒネが見つかり、事件は麻薬がらみの様相を呈してきた。そこにマーシャからハリーと言う名の元麻薬中毒患者の情報が入る。情報の出どこはメイフィールドとのことだった。ハリーに会いに行くコロンボだったが、コロンボはハリーは事件に関係ないと睨む。
その夜、メイフィールドはハリーのアパートメントに忍び込み、薬物を注射器に入れてハリーの帰りを待つ。帰宅したハリーが鍵を開けて室内に足を踏み入れるや否や、メイフィールドは麻酔薬をかがせてハリーを眠らせ、麻薬を注射して悠々とその場を去った。
麻酔が切れて目が覚めたハリーだが、麻薬で意識は朦朧とし自室から転落して死んでしまう。

これで一件落着と思ったメイフィールドだが、案に相違してコロンボはなおも捜査を続ける。そしてMACがマックではなくマーカス・アンド・カールソンと言う病院に備品を納めている会社の略称だと知る。
マーカス・アンド・カールソンに電話をするとシャロンは化学製品の分析を頼みたいと連絡してきていたが、結局その前に死亡してしまっていた。
この会社が病院に納めている化学製品といえば手術用の糸だった。糸のことを聞きまわったコロンボは、メイフィールドが溶ける糸を使ってハイデマン博士を病死に見せかけて殺そうと企んだと睨む。
核心に迫ったコロンボに、焦るメイフィールドはハイデマン博士の投薬に細工をし、発作を起こさせ再手術に持ち込んだ。早めに糸を交換し証拠を隠滅するためだ。
手術を外から見守るコロンボは、他の医師にもメイフィールドの監視を頼んだ。

手術が終わり患者の搬出もすまないうちに手術室に踏み込むコロンボたち捜査陣。さすがに手術着は着ていたが、この傍若無人な態度にいつもは冷静なメイフィールドも爆発しコロンボを小突く。
それを無視して身体検査と手術室の捜索を強行するが、証拠品のハイデマン博士から取り去った溶ける糸は出てこなかった。 他の医師からもメイフィールドの様子に不審な点はなかったと言われ、白旗を揚げるコロンボ。冷静になったメイフィールドは逆にコロンボを慰める。
しょげ返ってメイフィールドの部屋を出たコロンボだったが、数秒後に戻ってきてメイフィールドをお見事と褒め上げた。 そして普段冷静なメイフィールドがあの時に限ってコロンボを小突いた。その時にメイフィールドは絶対に捜索されないところに糸を隠したという。それは、コロンボが着ていた手術着のポケットだった。


Episode ListのPageにもどる
COLUMBOのMain Pageにもどる

Last modified -