EPISODE11
悪の温室
THE GREENHOUSE JUNGLE
Guest Stars
RAY MILLAND
BOB DISHY
SANDRA SMITH
Special Guest Star
BRADFORD DILLMAN
ON AIR Oct 15.1972(USA) May 27.1973(JPN)
スタッフ
製作…ディーン・ハイグローブ
監督…ボリス・セイガル
脚本…ジョナサン・ラティマー
音楽…オリバー・ネルソン
撮影…ハリー・ウォルフ
美術…アーチ・ベーコン
共同製作…エドワード・K・ドッズ
キャスト
ジャービス・グッドイン…レイ・ミランド
フレデリック・ウィルソン…ボブ・デシー
キャシー・グッドイン…サンドラ・スミス
グロリア・ウェスト…アーレーン・マンデル
ケン・ニコルズ…ウィリアム・スミス
トニー・グッドイン…ブラッドフォード・ディルマン

資産家の甥を騙して一緒に狂言誘拐をし身代金を詐取。さらに甥を殺して身代金として得た甥の金を独り占めにしてしまう有閑隠居。これが本当の誘拐なら身代金は奪われるは、誘拐された当人は殺されるはで警察の大失態のはずなのに、話は坦々と進行。
動機が弱い上に、犯人の対応が事前に計画を立てたわりには場当たり的で、時間の問題で狂言誘拐は見破られ逮捕されたろう。
「逆転の構図」の犯人のように自ら痛 みを味わえば、少しはコロンボに対抗出来たろうが、「逆転の構図」の犯人のように悪妻から逃れたいとの明確な目的もなく、唯金が欲しいだけの有閑隠居では、そこまでは無理と言うものか。
ボブ・デシー演じるウィルソン刑事はコロンボを尊敬しつつも、最新の科学捜査を使う物証重視型。赤外線カメラや金属探知機もウィルソン刑事が持ち込んだものだが、赤外線カメラはなんと自費での購入らしい。このウィルソン刑事は「魔術師の幻想」で再登場するのみで、レギュラーにはならなかった。
犯人役のレイ・ミランドは「指輪の爪あと」の被害者の夫、新聞社主のケニカットを演じた。ヒッチコック作品「ダイヤルMを廻せ」の犯人役でおなじみの超大物スターの起用となったが、このジャービス・グッドウィンなる人物の職業は不詳。
お そらく何もしておらず暇を持て余しているのだろが、弁護士、退役した将軍、有名私立探偵、美術評論家、医師などエリート人間を犯人にしてきたコロンボシリーズでは異色の犯人となった。
STORY
ある日の深夜、トニー・グッドインの邸の電話が鳴った。すでに寝ていたトニーの妻キャシー・グッドインの耳に、夫のトニーを誘拐したことを仄めかす不信な男の声が響いた。電話はすぐに切れ、キャシーはトニーの寝室に行くが誰もいない。
トニーの元秘書であり、現在の浮気の相手のグロリア・ウェストに電話をするが、グロリアからは「トニーがいるはずがない」と言われ、次にトニーの叔父のジャービス・グッドインに電話をかける。ジャービスは浪費家のキャシーを嫌っていたが、キャシーの様子に1時間待ってもトニーが戻らなければ警察に連絡するように言って電話を切る。

ジャービスは蘭の鉢が並ぶ自宅の温室のなかで電話を受けていたが、電話を切るとかたわらにはトニー・グッドインが立っていた。 キャシーのところに電話をしたのはジャービスで、この誘拐はジャービスとトニーが仕組んだ狂言だったのだ。
トニーの財産は信託財産になっていて、管理は銀行とジャービスの共同管理になっていた。これはトニーが浪費できないようにトニーの父親が遺言で信託にしたものだったが、誘拐など緊急事態の際には例外的に多額の金額を引き出せることになっていた。
ジャービスはここに目をつけ、狂言誘拐でがちがちの信託財産から金を引き出そうとしていた。 この金でジャービスはアメリカ有数の蘭のコレクションを維持でき、トニーの方は金を得ると同時に妻の愛情も引き戻せると考えていたのだ。
電話を終えた2人は、それぞれの車に乗って郊外の山中に向かう。そこの山小屋で狂言誘拐の準備をし、さらに山奥に向うとトニーのスポーツカーに拳銃の弾を撃ちこみ、2人でスポーツカーを押し谷底に転落させる。トニーの車が発砲で停止させられ、ここが誘拐現場だと偽装したのだ。その後、山小屋に隠れるトニー。

一方、キャシーは警察にトニーの失踪を届けており、翌朝谷底に落ちているトニーのスポーツカーが発見され、コロンボの登場となる。
現場を新人のウィルソン刑事に任せたコロンボはトニーの邸に向かう。そこにはキャシーのほかにジャービスもいて、トニーの誘拐をコロンボに話す。 トニーからの手紙が届き、身代金30万ドルを要求してきていた。もちろん、この手紙もジャービスがトニーに書かせ投函したものだった。警察の介入を嫌がるキャシーに、コロンボも「人質の安全を最優先にします」と言い残し去っていった。
その夜、身代金の受け渡しが行われる。トニーの邸に電話がかかり、街道沿いのガソリンスタンドの電話ボックスで指示を待てといってきた。車で出発するジャービス。後をつけるコロンボたち警察陣。
街道沿いの電話ボックスで次の指示があり、山中に車は向かう。トニー邸への電話もスタンドの電話も打合わせどおりに、トニーがかけたものだった。 真っ暗な山道で停車するジャービスの車。少し離れて留まる覆面の警察車。
しかしウィルソン刑事の赤外線カメラが現場をしっかりと抑えた。崖の上からストッキングを被った男が降りてきて、ジャービスから30万ドル入りの鞄を受け取ると再び崖の上に消えた。身代金の受け渡しはあっという間に終わった。
ゆっくりと車を出すジャービス。カーブを曲がり少し走って停車すると崖の上から先ほどのストッキングの男〜もちろんトニーであるが〜が、身代金入りの鞄を持って降りてきた。すぐにジャービスの車のトランクにもぐりこむと、ジャービスは車を出す。その間、身代金受け渡しの現場では足跡の写真を撮影したりしていて、トニーがジャービスの車に入るのは誰にも見られていない。
狂言誘拐は成功し、ジャービスとトニーのもとには30万ドルが入った。ところが単純なトニーに比べ役者はジャービスの方が上だった。山小屋で30万ドルを前に喜ぶとニーにジャービスは「どうやら最終段階を説明する時がきたようだな」と銃を向け、トニーを殺してしまう。

翌日、ジャービスの邸にコロンボが現れて、事件の気になる点を言いはじめた。
谷底から見つかったトニーのスポーツカーのギアはニュートラルで、犯人がわざと崖から落としたが、なぜそんなことをしたのか?車の中から血痕は見つからなかったが、弾道検査によれば運転席の人間には絶対に命中する角度なのに、弾はあたっていない。
身代金の受渡し場所も誘拐事件にしてかなり変で、見通しが良すぎる。まるでどうぞ見てくださいといっているようなもんだ。不審がるジャービスに手がかりが多すぎるし、作為が感じられるとコロンボは告げる。
さらにジャービスが持っているはずの未登録の拳銃があるはずだと突然話題をかえた。ジャービスの温室に去年泥棒が入り、それに気づいたジャービスが拳銃を撃ったが、弾はそれてどこかの土の中に飛び込んだとの記録が警察にあったと言うのだ。
私を疑うのかと気色ばむジャービス。拳銃は確かに未登録だが、トニーからもらったもので、どこかに置き忘れてしまったと不愉快な表情で答える。そこにコロンボ宛の電話がかかりトニーの遺体が発見されたと告げた。

その夜、ジャービスの邸にグロリア・ウェストがやってきた。昼間、グロリアのもとにはコロンボが捜査に来ていた。 グロリアはジャービスに向かって犯人はキャシーに違いないと告げた。警察に話そうとするグロリアをジャービスは私の任せろといってグロリアを帰した。
そしてジャービスはトニーを殺すのに使った拳銃を持って、トニー邸に忍び込む。すでに寝入っているキャシーのベッドの脇を通り、ジャービスは拳銃をキャシーの靴袋の中に隠す。そしてキャーシーの化粧台の引き出しからキャシーの銃を盗む。
自分の邸に戻ったジャービスは警察を呼んで、やってきたウィルソン刑事にキャシーの銃を渡し、さも自分の銃が見つかったように装いコロンボが疑っているのでと言い検査を要求し、さらにグロリアの推理を話す。 勇みたってコロンボのもとに指示を求めに来たウィルソンに、コロンボはトニー邸の捜索の許可を与える。
まず、身代金を入れたのと同じ鞄が見つかった。さらに金属探知機を使ってトニー邸で拳銃を発見するウィルソン刑事。発見したのはもちろんジャービスが隠した銃で、弾道検査の結果トニーを撃ったものと断定される。 逮捕されたキャシーを警察本部に連れて行く途中に、コロンボから連絡が入り一同はジャービス邸へ。
そこでコロンボが取り出したのは第3の弾。弾道検査の結果、この第3の弾もトニを撃った拳銃から発射されたものだった。 ジャービスの温室の土の中から発見されたという。去年ジャービスが温室に忍び込んだ泥棒を撃った弾をコロンボが掘り出したのだ。
ジャービスの拳銃でトニーが殺され、その拳銃が今夜になってキャシーのところから見つかった…事件の犯人はジャービスであり、キャシーに罪を着せようとした決定的な証拠であった。


Episode ListのPageにもどる
COLUMBOのMain Pageにもどる

Last modified -