EPISODE9
パイルD-3の壁
BLUEPRINT FOR MURDER
Guest Stars
PATRICK O'NEAL
JANIS PAIGE
PAMELA AUSTIN
JOHN FIEDLER
Special Guest Star
FORREST TUCKER
ON AIR Feb 9.1972(USA) Feb 25.1973(JPN)
スタッフ
製作…リチャード・レヴィンソン&ウィリアム・リンク
監督…ピーター・フォーク
脚本…スティーブン・ボチコ
音楽…ギル・メレ
撮影…ロイド・エイハーン
美術…アーチ・ベーコン
共同製作…ロバート・F・オニール
キャスト
エリオット・マーカム…パトリック・オニール
ゴールディ・ウィリアムソン…ジャニス・ペイジ
ジェニファー・ウィリアムソン…パメラ・オースチン
モス博士…ジョン・フィドラー
ボー・ウィリアムソン…フォレスト・タッカー

ピーター・フォーク監督作品。
著名な建築家エリオット・マーカムは資産家ウイリアムソンの夫人ジェニファーを抱き込んで、自らの計画に資金提供をさせる。これに気づいたウイリアムソンを殺害し、死体を隠し行方不明にする。
行方不明にするには理由があって、ウィリアムソンが死んだ場合は遺産は信託になりジェニファーの自由にならないが、行方不明ならジェニファーの自由になるというもの。 つまりマーカムとしては死体が出てきては困るのだ。
死体なき殺人事件を扱うコロ ンボだが、さすがに展開には無理がある。
ついに死体を隠したと考えられる、埋めたばかりのビルの建設現場のパイルを掘り出すことになるのだが、どう考えても当局がパイルを掘る許可を出すとは思えない。しかも掘った後から死体が出ないのだから、この時点で警察は大騒動のはず。
一方 マーカムもマーカムで、それまで隠しておいた死体を担いで、のこのことパール掘り返しの現場に戻ってきて待ち伏せたコロンボに捕まってしまう。いままでの努力が全て水の泡に…
一度捜索したところは二度と捜索されないとは言え、いやはや何とも。
この作品はコロンボシリーズの最終作品して作られたが、シリーズが好評で第2期以降も続くことになった。
STORY
無謀とも思える運転で走ってきた一台の車があるビルの前で止まり、車から降りた男が向かったところは著名な建築家のエリオット・マーカムの事務所。
男はマーカムは外出中だと言う秘書の声を無視して、マーカムのオフィスに入る。そこには都市の大きな模型がおかれており、ウィリアムソンシティーの名がつけられていた。
しばし、それを見つめる男。だが、やおら怒り狂ったようにその模型を壊してしまった。その男こそ実業家にして資産家のウィリアムソンその人であった。
模型を叩き壊したウィリアムソンは、秘書からマーカムが現場にいると聞くと、車を飛ばしてビルの建設現場に現れた。 そしてマーカムに会うとウィリアムソンシティ計画などに資金を提供する気はないと言い切り、最後はマーカムを罵倒して去った。
ウィリアムソンによればマーカムは張ったり屋で、ウィリアムソンの妻ジェニファーを丸め込んでウィリアムソンの知らないうちに資金提供の約束をさせたと言うのだ。
ウィリアムソンはマーカムを罵倒したあと、自分の牧場で自身のもつ馬の調教を見ていた。 馬の調子は絶好調で、満足気に車に戻ったウィリアムソンだが、車の後部座席にはマーカムが乗っていた。マーカムは拳銃を構えてウィリアムソンを脅し車から降ろした。

場所は変わってビル建設の祝賀会の会場。設計者であるマーカムが設計思想について熱弁をふるっている。そこに現れたのがよれよれのレインコートのコロンボ警部。
コロンボが来た目的はウィリアムソンの妻ジェニファーに会うこと。ジェニファーを見つけると警察に電話をくれた件で話をしたいと言うが、ジェニファーの方は電話などしていないと言う。
ウィリアムソンが失踪したと電話で言ったきたはずだがと食い下がるコロンボに、ジェニファーは前夫人ゴールディではないかと告げる。ゴールディの住まいに向ったコロンボに、ゴールディはウィリアムソンが失踪したのは間違いないと述べる。
そこにコロンボあての電話があり、ウィリアムソンの車が空港で見つかったとの連絡が入り、コロンボは今度は空港に向かう。そしてウィリアムソンのカーステレオ用テープがウェスタンばかりなのに、ラジオのチャンネルはクラシック専門の局に合わせてあったことを不審に思う。

ウィリアムソン邸の居間にはコロンボとゴールディ、ジェニファーの3人がいた。空港でウィリアムソンの車が見つかったことで、ジェニファーは外国にでも行ったのだろうとあまり深刻に考えていなかったが、ゴールディの方はウィリアムソンが事件に巻き込まれたと譲らなかった。
それに、心臓のペースメーカーをつけているウィリアムソンが年1回のモス博士の診察が近いこの時期に、誰にも言わずに旅行に出るなど考えられないとも付け加えた。
コロンボはウィリアムソンの音楽の趣味を尋ねた。2人の女性は口を揃えて、ウェスタン一本槍だったと述べる。
次にコロンボが周ったのはマーカムの事務所。秘書がほかのことに気を取られている隙にマーカムのオフィスに入りこみ、秘書の怒られながらもマーカムの音楽の趣味がクラシックであることと、ウィリアムソンシティの模型がウィリアムソンによって壊されたことを掴む。
秘書からマーカムは今大学で後進のために講義をしていると教えられ、コロンボは大学に向かう。 コロンボは大学でマーカムの講義の一端を聞いた。
ピラミッドの話でピラミッドの 設計者は、その秘密を守るためにピラミッドの底に永遠に葬られた記録も残っていると言うくだりだった。 講義が終わってマーカムと話したコロンボは、ピラミッドの下は死体の隠し場所としては最高だと話した。恐らく現代ならでっかいビルの基礎に死体を隠せば永遠に発見されないだろうとも語った。
帰ろうとするマーカムにコロンボは、ウィリアムソンシティの模型をウィリアムソンが壊した理由を尋ねたり、空港で見つかった車のウェスタンとクラシックの疑問を口にして、マーカムを警戒させた。

翌日、コロンボが現れたのは再びビルの建設現場。ここで現場主任から基礎工事の話を聞く。 コロンボは特に事前に掘られ固められた空洞に、別に作られた壁のようなパイルを埋め込んで基礎とするそのパイルにこだわった。パイルを埋める直前に死体を空洞に投げ込んでおけば死体は永遠に隠せると考えたようだ。
続いてコロンボはモス博士の病院に出向く。モス博士によればウィリアムソンの心臓ペースメーカは年に1回エネルギーを交換しなければならず、その時期が近いという。
交換しなければ場合によっては死に至るために、絶対にそれを忘れるとは考えられず、ウィリアムソンの性格から行ってほかの医者のかかることも考えられない断言した。
モス博士との面談を終え待合室に出たコロンボに、ゴールディが声をかけた。ゴールディはウィリアムソンの失踪にこだわり、調べまわっているといい、コロンボに事件性をしつこく説く。
証拠が乏しいと言うコロンボにゴールディは思い切った方法をとった。ウィリアムソン邸の庭の一角にウィリアムソンと同じ血液型だった自分の血をつけたウィリアムソンの帽子を投げ捨てたのだ。
マーカムとテニスをしていたジェニファーがボールを捜している途中に、この帽子を見つけ大騒ぎになった。一気にウィリアムソンが事件に巻き込まれた可能性が高くなったのだ。
しかしマーカムとコロンボによりゴールディの狂言と見抜かれてしまう。その際にマーカムが根拠として示したのがウィリアムソンの遺言状。
ウィリアムソンが死亡するとゴールディに25%の遺産が入り、残りの75%が信託に回る。ジェニファーは信託財産から配当を受け取れるだけだが、ゴールディには遺産が直接入る。 したがってゴールディにとってはウィリアムソンが死亡していることが重要だと言うのだ。
コロンボに窘められたゴールディだったが、コロンボは遺言状を仔細に調べ確かに75%は信託に回るが、それは死亡が確定した場合で、行方不明などで死亡が確定していなければウィリアムソンの財産はジェニファーの自由になる。つまりいくらでもマーカムに資金を提供できるわけだ。

マーカムの動機はわかった。あとは、直接の証拠だけだった。 コロンボはまたまたビルの建設現場に現れてマーカムをうんざりさせた。そしてパイルの話をするコロンボに、昨日埋めたばかりのパイルD-3を掘りたいんだろうと揶揄するように言う。
堀たければ勝手に掘れと言うマーカムの態度に、コロンボは奔走して役所の許可を取り付けパイルD-3を堀り始める。
現場ではコロンボとともにマーカムやゴールディが見守る中、報道陣まで呼ばれてパイルが掘られるがパイルの底からは何も出てこなかった。がっかりするコロンボと勝ち誇ったマーカム。
その夜、ウィリアムソンの牧場にひそかに車を乗りつけたマーカムは、隠しておいたウィリアムソンの死体をトランクに乗せて建設現場に向かった。
建設現場に着くとトランクを開け、下を担ぎ出して掘り出したパイルD-3の抗に死体を投げ込もうとする。そこに煌々とライトが照らされる。コロンボが警官とともに待機していた。
大騒ぎをして一度探したところに死体を隠 せば、絶対に2度は探さない場所に隠す計画はコロンボに見破られてしまっていたのだ。 マーカムが「なぜ、何もないとわかっているのにパイルを掘ったんだ」と言うと、コロンボは「しきりに掘らせたがってましたからね。調子を合わせないと」と答えた。


Episode ListのPageにもどる
COLUMBOのMain Pageにもどる

Last modified -