EPISODE7
もう一つの鍵
LADY IN WAITING
Guest Stars
SUSAN CLARK
JESSIE ROYCE LANDIS
RICHARD ANDERSON
Special Guest Star
LESLIE NIELSEN
ON AIR Dec 15.1971(USA) Dec 17.1972(JPN)
スタッフ
製作…エヴァレット・チェンバース
監督…ノーマン・ロイド
脚本…スティーヴン・ボチコ
音楽…ビリー・ゴールデンバーグ
撮影…ラッセル・L・メティ
美術…アーチ・ベーコン
共同製作…ロバート・F・オニール
キャスト
ベス・チャドウィック…スーザン・クラーク
チャドウィック夫人…ジェシー・ロイス・ランディス
ブライス・チャドウィック…リチャード・アンダーソン
ピーター・ハミルトン…レスリー・ニールセン

広告代理店のやり手の社長プライス・チャドウィックには妹がいた。その名はベス。兄は妹を思い籠の鳥のようにして面倒を見た。ベスはお嬢様として成長したが、そこに一人の男が現れた。兄の会社の法務担当の重役で野心家のピーターだった。
世間知らずのベスは苦もなくピーターに篭絡され、ベスはピーターとの結婚を望んだ。 しかしブライスは反対し、ここにベスは兄に公然と反抗を宣言、兄を殺害に及んだ。
兄の死後ベスは暴走を始めた。兄の後釜として社長の椅子に座り、役員の意見は聞かず、注意する母親に文句を並べた。 ついに思い余ってピーターが意見すると、婚約を解消する始末。
振られて一人酒を 飲むピーターに捜査に行き詰まったコロンボが近づき、事件解決の重要な証言を得る。
犯行前と犯行後のベスの変貌振りが見事。さすがにやり手の社長のブライスは妹をよく見ていたということ。 そのベスにしては、よくぞここまで考えたという犯行計画で、その計画は思わぬところで狂ってしまうのだが、それでも全体的に大きな齟齬はきたさないから凄い。下手なアリバイ工作などして墓穴を掘るほかの犯人達よりも見事。
その後のコロンボの捜査も、玄関の新聞、玄関先の照明、靴の裏の芝生など小さなものの積み重ねで犯行の確信に迫り、この辺はミステリーとしては一級だろう。
最後の駄目押し的な証拠もいいがラストはもう少し工夫して欲しかった。あそこでベスがズドンとやれば、コロンボシリーズは続かなかったのだから…ピーター役のレスリー・ニールセンは「裸の銃を持つ男」として有名で、「仮面の 男」では殺され役も。
STORY
広告会社の社長ブライス・チャドウィックの邸宅でのある夜の出来事。
寝入っているブライスの寝室に忍び足で入ってきたのは、ブライスの妹のベス。彼女はブライスが目を覚まさぬように気をつけながら、ブライスのキーホルダーから自宅の鍵を外し、ナイトガウンのポケットに入れた。

翌朝のチャドウィック邸での朝食時の会話。
新聞を読みながら朝食を食べるベスに、ブライスが声をかける。ベスはブライスの会社の法務担当の重役ピーター・ハミルトンとの交際をブライスからやめるように言われていた。
そのことでベスとブライスの間はぎくしゃくしていたが、ブライスは野心家であるピーターとの交際をこれ以上認めるつもりはまったくなかった。そしてピーターに対し、ベスと交際を続ける気なら会社を辞めてもらうことになると手紙を出したことをベスに告げた。
驚いて抗議するベスに、ブライスはにべもなく振る舞い、会社に向かった。

ベス、兄ブライスを殺す準備にかかる。
長い間かごの鳥のように兄ブライスに押さえつけられていたベスは、ついにピーターとの一件でブライスの抑圧から解放されたいと願う。それにはブライスを亡き者にするしかないと考えたのだ。
実行は今夜。そのために昨夜ブライスのキーホルダーから鍵を抜き取ったのだった。この夜は執事チャールズも休暇だったし、ブライスも会議で帰宅が遅くなると言っていた。万事が好都合だった。
玄関のひさしに付いている電球を外し、球が切れている電球に取り替える。後は夜、寝室で拳銃を脇に置いてブライスの帰宅を待つだけだった。

ベスの描いたブライス殺害計画。
ベスの描いた殺人計画はこうだ。帰宅したブライスは玄関の鍵がキーホルダーにないので当然玄関から入れない。ベルを鳴らしてもベスは出てこないし、チャールズは休暇でいない。 仕方なくブライスは庭を回り、ベスの寝室のガラス戸を叩き玄関を開けるように言う。
ベ スは鍵は開いているからそこから入るように言う。ブライスは警報装置のスイッチを切ってくれといい、ベスはスイッチは切ったと応じるが、実は警報装置のスイッチは入れたままにしておく。
チャドウィックの屋敷には警報装置がついていて、スイッチが入った状態だと正規の鍵で玄関から入らない限り警報装置が作動し、けたたましく警報ベルが鳴り出す。
スイッチを切っていないので、ブライスが戸を開けた途端に警報が鳴り出す。驚くブライスにベスの拳銃が火を噴く。
ベスは倒れたブライスのかばんを取ってガラスを割り、抜き取った鍵をブライスのキーホルダーに戻し、それを玄関先の茂みに投げ込み計画完了。
その後の事情聴取では、あくまで事故を装うのだ。ブライスは鍵で玄関を開けようとするが、電球が切れているために暗くキーホルダーを玄関先の茂みに落としてしまう。
ブライスは玄関のベルを鳴らすが、チャールズは休暇だしベスは睡眠薬を飲んでいて玄関のベルでは起きなかった。庭を回りベスの寝室のガラス戸を外から叩くが、やはりベスの目は覚めない。
仕方なくかばんでガラスを割るが、当然警報装置が作動し警報ベルが鳴り出す。目覚めたベスは侵入者と誤認し、拳銃を発砲するというストーリーだった。

狂った計画、予期せぬ事態。
その夜ブライスが帰ってきて、キーホルダーのキーがなく玄関から入れなかったところまではベスの計画通りだった。ところがブライスが取った手段は、玄関先の鉢植えに隠してあった合鍵で玄関を開けることだった。
ベスはこの合鍵の存在を知らず、ガラス戸に向かって拳銃を構えていたが、いきなり寝室のドアが開いてブライスが現れたのだった。ベスは一瞬驚いたが、ブライスが合鍵で入ったことを知り計画は狂ったものの、迷わず引き金を引いた。
そしてブライスの死体をガラス戸の際まで引きずり、かばんでガラスを叩き割った。 警報ベルが鳴り響く中、合鍵を隠し正規の鍵をキーホルダーに取り付け玄関に向かおうとしたが、なんと玄関のベルが鳴り響いた。
やってきたのはピーターだった。ピーターが出張から帰るとブライスからベストの交際をやめるよう手紙がきていた。 ピーターは手紙を見ると、抗議するためにわき目も振らず車を飛ばして、ブライスの屋敷に来たのだった。
重々しく閉ざされた門扉の前まで来ると、屋敷の方から銃声が聞こえ続いて警報ベルが鳴り響いた。 ピーターは門扉を乗り越え、屋敷に向かい玄関のベルを狂ったように鳴らしたのだ。
ベスは玄関に出てみるとそこにピーターがいたので、泣きながら強盗と間違えて兄を撃ってしまったと芝居をした。 ピーターが様子を見に行っている間に、玄関の外の茂みにブライスのキーホルダーを投げ込んだ。ピーターはすぐに戻ってきてブライスの死を告げた。

コロンボ警部の登場と査問会の評決。
この事件の捜査にあたったコロンボ警部は、玄関先に置かれた新聞に注目する。ベスの証言によれば、気分が悪く一日中家にいて外出しなかったと言うし、ピーターも新聞などが持ってこなかったと言う。
新聞は最終版で配達されるものよりも遅い版だった。ベスは予定した通りの証言をし、事故を装うがコロンボは新聞の一件からブライスが玄関から入り、新聞を無意識に置いたのではないかと疑う。そして脚立に乗って電球や鉢植えを調べたりする。
そして事件の査問会の当日。会場にはベスを始め、ピーターやブライスとベスの母親チャドウィック夫人などに混じってコロンボの姿もあった。 陪審員の評決は事故死。ベスは晴れて無実となった。

コロンボ警部のしつこい捜査とベスの変身。
査問会では事故死の評決がされたが、ベスの殺人を疑うコロンボ警部はしつこく食い下がる。 ベスを追いかけ、ブライスは芝生を歩いてベスの部屋の前まで行ったはずなのに靴の裏に芝がついていないのは不自然であることや、玄関先に置かれた鉢植えに合鍵を隠した跡が残っていることなどの疑問をぶつける。
ベスは、芝生はじゅうたんでこすれて取れたのだろうと言い、合鍵は最近ベスが隠し場所を替えたために跡だけが残ったのだと嘘をつく。
さらに玄関先の電球が埃一つついてなくきれいだったことを突くと、チャールズが昼間切れてることに気づかずに掃除したのでしょうとうそぶく。
その間にもベスは変身していった。同族会社のために兄の跡をついで社長に納まり、役員会で新方針を示す。反対意見を述べる役員を威圧し、ピーターとの婚約を勝手に発表してしまう。
役員でもある母親の意見を無視し、忠告するピーターに対して別離を告げる。

ピーターの新証言とその夜のベスの寝室での出来事。
ベスに振られてバーで酒を飲むピーターは偶然にコロンボの姿を見つける。もちろん偶然ではなくコロンボはピーターの後と追ってきたのだ。
コロンボはピーターに向かってベスがブライスを殺したことは間違いないと言い切る。そして記憶力抜群のピーターに事件当夜の出来事をできる限り詳細に思い出すように頼む。
その夜の寝室のベッドで本を読むベスの姿があった。突然、ガラス戸で物音がした。拳銃を構えるが、ベスはコロンボがしつこく押しかけてきたものと思い笑いながら揶揄する。
しかし返事がないので、さすがに不審に思い起き上がってガラス戸に生きカーテンを開けるが誰もいない。 その時、背後でコロンボの声。コロンボは警察で作った合鍵で入ったことを告げ、ピーターの証言を伝える。
ピーターは拳銃の発射音の後に警報装置のベルが鳴り響いたと言っている。ところがベスの証言によれば、警報装置のベルが先で、その後に拳銃の発射音でなければならない。
ピーターは気は進まないがこのことを法廷で証言するとも言っている。ベスは持っていた拳銃をコロンボに向けるが、コロンボにそんな姿はレディには似合わないと言われ、着替えをしに寝室を出て行った。


Episode ListのPageにもどる
COLUMBOのMain Pageにもどる

Last modified -